新着記事

関節炎 犬のアレルギー 犬手作り食

2024/2/23

犬が白米アレルギーだと思っていたら・・・【木村式完全自然農法米】

3歳間近に関節炎になり、200日かけて自然治癒(薬品にアレルギーがあり、注射すると動かなくなりました)したと思ったら、お腹の不調がかれこれ1年以上続きました。 さすがに病院の先生も「手作り食をやめましょう」と。 いや、関節炎を治すために手羽先だけにしていたときは、なんともなかったのです。 なにかに反応している・・・お散歩コースは、除草剤や消毒をしていない公園、家では入浴剤など排除、野菜は無農薬、にしていたつもりでした。 自宅でアレルギー源を特定する お腹は、治ってはまた下痢、を繰り返します。 病院で感染症 ...

ReadMore

病気・怪我 防災 犬手作り食 犬との暮らし

2024/2/12

2024年1月|犬の体調振り返り★狆オス9歳9か月|手作り食犬の備蓄を考える

手作り食犬の防災備蓄を考えています。東日本震災のとき、震度6弱、3〜4日停電断水でした。その後、ここのように被害のない地域は、物流が途絶え、肉や魚、野菜が手に入りませんでした。2ヶ月くらい。ありがたかったのは、料理好きの方から、良質の卵と夏みかん。宅急便のセンターが近いので、宅急便屋さんが我が家まで届けてくれました。※当時ガソリンもない状況なので、宅急便はセンター受け取りでした。それをみんなで分けました。久々のタンパク質とビタミン。泣きたいほどありがたかったです。体調を崩す人が多く、けれど皆が病院に行こう ...

ReadMore

狆と歴史

2024/1/23

日本犬狆(ちん)狩猟犬、番犬?|狆ドリル

狆は吠えない、片手で持つくらいコンパクト??? テレビや本、ネットの情報、えっ?と思ったことありませんか? 「狆は2~3キロで、ほとんど声を出さない、おとなしくて飼いやすい犬種です。」 。 。 うちの狆は、身体も大きければ(5キロ)、声もデカイ!   先代犬たちは、大型犬と小型犬でしたが、トレーニングで声を出さないように訓練した子たちでしたので、茶々丸のデカイ声とデカイ態度は新鮮です。(笑) もともと大きくなる素養があるのに、食事制限をして小さくしようとすると、あとで必ず、なにか身体に出る、と私は思ってい ...

ReadMore

病気・怪我 頸椎形成不全症候群 犬との暮らし

2024/1/15

犬の首 硬直24時間

春を待ちます 外は猛吹雪 けれど季節は必ず巡るから 24時間ちょうどで治りました! 一年に1,2度、季節の変わり目に首が硬直することがあります。 今季最低気温が二日続いた日、昼間は快晴でした。うっかりドライブに連れ出します。 いくら車の暖房をつけても、こういう日は、家から出してはいけないのでした! 今は完治して、家の中を暴れまわっています。駆け回ってぬいぐるみをぶんぶん振り回しています。 不調前夜 前の晩、咳をして、ハチミツで治りました。 雪が降る前日、咳が出ます。 深夜、飼い主のおやつタイム。大好きなゴ ...

ReadMore

病気・怪我 犬手作り食 犬との暮らし

2024/1/6

2023年12月|犬の体調振り返り★9歳8か月☆狆・オス|こうなったら注意

能登地震で亡くなられました方のご冥福をお祈り申し上げます。 お怪我をなさった方、体調を崩された方、一日も早いご回復をお祈り申し上げます。 被害に会われました皆さま、どうかどうか今の状態から、生活ができるまで復興されるよう、心を寄せ続けております。 時は必ず進みますから・・           東北の空の下より。 体調 狆(ちん)男の子、9歳8か月 硬直 神経痛 なし。 細心の注意を払い 過ごしました。温度差に注意、です。寒い部屋には行かせない、毎日のドライブは車を十分温めてから乗せました。   咳 なし。 ...

ReadMore

犬手作り食 犬との暮らし

犬の完全手作り食9年☆手作り食で長生きできるか

2023年11月 犬🐕ごはん🍚
完全手作り食 9年経ちました。

5年間 病院での治療はなし

「この子は 冬 越せないかも知れません。」

激痩せの仔犬だった茶々丸。

少しずつ手作り食をくわえ、初めは 激変に感動💓

激やせの仔犬が1か月で・・ドッグフード信仰が崩れた日。

2015年11月15日。1歳。完全手作り食1周年の日。   深まる秋  自分の住む街に こんな素敵な公園があることもこの子が 来るまで 知らなかった犬を飼う 喜び  犬がご飯を美味しいと食べる 楽しさ ...

続きを見る

ドッグフードにトッピング1カ月変化

2014年11月4日フードにトッピング20日後 ドッグフードをガンとして食べない茶々丸。 獣医師指導のもと、ふやかしたものを一日に何度も給与して、仔犬らしい感じにまで回復しました。 2014年10月中 ...

続きを見る


それから 関節炎 胃腸炎と受難😭

犬の関節炎 治療の注射で動かず<過去記事>

犬の関節炎について、問合せ、検索がこのブログ開設当初から続いていますので、過去記事まとめて行きます。お役に立てることがありましたら、嬉しいです。治る、と信じて頑張ってください。(^▽^)/ 茶々丸は再 ...

続きを見る

犬の下痢☆犬ごはん、本葛、整腸剤

2019年12月 茶々丸が体調を崩したときに使っている、葛と整腸剤について。 過去記事リライトです。   大雪で体調を崩したとき 2019年12月初め、大雪が降りました。 急に1月下旬の寒さとなったの ...

続きを見る



多くの方に 教えていただき
試行錯誤しながら
現在のスタイルに。

一晩眠らず|狆族に多い頸椎形成不全症候群

今年は桜の開花が早いようですね。 茶々丸地方は白梅が咲き始めました。   気温差10度以上で一晩眠らず うっかりしていました。 春の陽気。急に暖かくなって嬉しくて、広大な公園へ連れて行きました。『行き ...

続きを見る


5年間 病気・怪我の通院はなし🙌

どれだけたくさんの方と出会い
エネルギーを分けて頂いたことか
感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

 

不調を最小限で止めてしまう 

5年間、病院での治療はなし、と言っても、季節の変わり目に 不調が起こります

これは、「狆」という特殊な育て方と交配によってできた犬種ゆえ、仕方がないとあきらめました。

犬、であるけれど「犬とは別」と分けていた江戸時代からの歴史があるのです。

2022年10月体調振り返り【動画】日本犬狆:純血種犬は弱い?

茶々子 秋の日本庭園お散歩しました。 10月は2回危なかった! 10月2回「今季一番の寒さ」がありました。1回め首、2回め脚に不調が出ましたが、漢方薬とマッサージ、ともに30分で回復しました。その後、 ...

続きを見る

【狆(ちん)のカテゴリー】狆という字|西洋人の見た狆|バジル・ホール・チェンバレン「日本事物誌」|ヴァレンタインのおやつ|動画

茶々丸、ゴマとお豆腐のマフィンをプレゼントして頂いたよ。母ちゃんが大喜び(笑)しっとり香ばしく優しいお味✨2月に入って何度かキャロブのスポンジケーキを焼いたけど思うように出来ません。米粉 ...

続きを見る

狆と生類憐れみの令

現代 庶民に飼われている狆 「おしん」 増上寺節分と狆 もうすぐ節分ですね。 東京 芝の増上寺、節分には狆のお練り(パレード)と豆まきがあります。 増上寺には徳川家の墓所があります。狆は徳川家で可愛が ...

続きを見る

 

戦後、狆は壊滅しました。

そこから現代まで復興したのですが

復興に尽力した方々の育て方を見ましても

私が考える「犬」とは 全く違うものでした。

 

【動画】日本犬狆(ちん)戦後壊滅からの復興|須永政三「森田屋口(もりたやぐち)」

こんにちわんこ 茶々丸です。 おかあさんは この動画をつくってから 「お品よくして おひん ひん ちんのひん」 とお馬さんのように  ひんひん いっています。 戦後 日本犬狆 壊滅からの復興 1945 ...

続きを見る

 

育て方で、気候による耐性は違うとは思いますが

犬種による特性を知っておく必要があります。

 

不調を最小限に食い止める方法は、これからも模索し続けます。

手作り食は、その方法のひとつです。

 

 

 

手作り食で長生きできるのか

手作り食で長生きできるのか、というとそうは思いません。

完全手作り食の子たちをリサーチしてみると、色々です。

17歳で天寿をまっとうした子もいれば、5歳で虹を渡った子もいます。

手作り食の仕事をしているお家の子が、早くに逝った例もあります。

食事だけで寿命が違う、とは思っていません。

私は2002年に、美しいヨークシャテリアの子を3歳で亡くしました。

獣医師、ブリーダー、トレーナーの指導のもと、徹底した育て方をしました。

ヒトと同じものはあげない、ケージで飼う、服従訓練 など。

 

亡くなって、病院へご挨拶へ行きました。

「こんなに早く亡くなるのだったら、 食べたいものを食べさせ、外で遊ばせれば良かったです。」

私は振り絞るように、申しました。

獣医師たち、ブリーダーが声をあげて号泣しました。

 

あれから、なぜそうなったか探りました。

どういう飼い方が、 犬と飼い主にとって幸せなのか・・・

 

私は変わりました。

2021年5月 犬の体調・食べ物振り返り、メール相談:「色々言われて凹みます」

2021年5月 体調 絶好調(^▽^)/ 咳 ちょこちょこありました。低気圧のとき、気温変化が激しいとき。今も、夜は暖房入れて、気温差がないようにしています。 色々言われて凹む飼い主さんへ (^▽^) ...

続きを見る

獣医師、ブリーダー、トレーナー、犬の食物指導士、トリマー・・・

犬の仕事のプロは、たくさんいらっしゃいます。

その方たちの言うことに従うのが一番、と昔は信じていました。「プロ」なのだから。

 

今は違います。

その方の犬が、外見・動きが美しいか、目がどういう表情をしているか、その方のまわりの人たちは幸せそうか、

何より飼い主である私が、勉強し、毎日記録を取り、考えるように意識しています。

9年間、毎朝晩の食事の写真、毎日の天候と主な行動、時々作るおやつのレシピ、体調の記録は、あとで振り返ると、とても役立っています。

 

これからも

口にするもの
目にするもの
耳にするもの
手に触れるもの
良いもので満たされますように🙏

いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 犬ブログ 狆(ちん)へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ
にほんブログ村

-犬手作り食, 犬との暮らし

© 2024 狆の茶々丸 Powered by AFFINGER5