新着記事

狆と歴史

2023/2/6

【狆と日本開国】日本初欧米に渡った犬|ペリーと狆

目次1 黒船来航2 アメリカと日本幕府 それぞれの土産3 ペリーと狆4 幕府使節団「航海日記」より5 【動画】狆と日本開国 黒船来航 以前、狆を愛した英国アレクサンドラ王妃を動画にしました。王妃の写真や肖像画には、日本の皇室から献上された2匹の狆とは違う狆も見ることが出来ます。その狆たちはどこから来た子でしょう。 狆犬と日本開国 太平洋を初めて横断した日本犬 狆を愛したマシュー・ペリーのお話です. インスタで世界中の狆犬を見ることができます。現在、茶々丸のフォロワーさんは、アメリカ合衆国、カナダ、イギリス ...

ReadMore

狆と歴史

2023/1/30

狆と生類憐れみの令

現代 庶民に飼われている狆 「おしん」 目次1 増上寺節分と狆2 徳川綱吉と生類憐れみの令2.1 中野の犬小屋2.2 生類憐れみの令とは何だったのか2.3 綱吉は犬がそんなに好きでもなかった?2.4 生類憐れみの令 処罰は3 動画 増上寺節分と狆 もうすぐ節分ですね。 東京 芝の増上寺、節分には狆のお練り(パレード)と豆まきがあります。 増上寺には徳川家の墓所があります。狆は徳川家で可愛がられていた犬でした。 狆飼いとして、増上寺節分に参加することは憧れです。今年も随分悩みました。・・が、豪雪地帯の茶々丸 ...

ReadMore

狆と歴史

2023/1/30

狆を愛した王妃【動画】狆とアレクサンドラ王妃

2022年に亡くなった英国エリザベス女王の曾祖母 アレクサンドラ王妃 目次1 アンティーク購入で知った海を渡った狆のこと2 日本の皇室から献上された2匹の狆3 喜びも悲しみも・・4 【動画】狆とアレクサンドラ王妃 アンティーク購入で知った海を渡った狆のこと 購入これは19世紀 フランスのリトグラフです。 石で多色刷りしたもの。 小さな紙箱です。 茶々丸の小さい頃にそっくりで、迷わず購入しました。 ショップオーナー様は、狆を飼っていたそうで、時々狆のアンティークが出品されます。ブログも大変興味深く読ませて頂 ...

ReadMore

病気・怪我 犬との暮らし

2023/1/8

日本犬狆(ちん)の魅力5選【動画】

あけまして おめでとうございます。 ブログを読んでくださり ありがとうございます。 今年も お役に立てるような記事を 書いていきたいと思います。 飼い主もあ 狆の茶々丸 どうぞよろしくお願い致します。 目次1 犬種の特徴を知る2 狆の魅力2.1 1.表情が豊か2.2 2.長い尻尾2.3 3.毛の触感2.4 4.模様の出方2.5 5.サイズ 犬種の特徴を知る あ なたのワンちゃんの犬種は何ですか? 私は今まで、狆、ミックス、ヨークシャテリア、マルチーズ、スピッツと暮らしました。親戚の犬ですが、よく一緒に散歩 ...

ReadMore

病気・怪我 犬手作り食 犬との暮らし

2023/1/9

犬の体調2022年振り返り、漢方薬【動画】クリスマスプレゼント

目次1 2022年の体調2 漢方薬3 365日、母ちゃんのご飯だった4 【動画】クリスマスプレゼント 2022年の体調 7月に首の硬直、10月に首と後ろ足の痛み。 病院での治療・怪我はなし。 咳、逆くしゃみも軽度。減って来ました。お腹の調子もマル。 ありがたいことです(^▽^)/     漢方薬 茶々丸に使用した漢方薬。独自判断で使用しました。 漢方薬を犬に与えて不思議なのは、合わないものや必要がなくなると、顔をそむけることです。不思議でなりません。   補中益気湯 桂枝加朮附湯 防已黄耆湯 五苓散 柴苓 ...

ReadMore

関節炎 犬のアレルギー 逆くしゃみ 犬手作り食 常備食

犬手作り食☆彡 魚

2018年2月。関節炎半年再発なし。

毎日 小魚をあげています。

これは、3歳間近に関節炎になり、その後、栄養のことをちゃんと考えるようになってから続けています。




 

 

小魚の理由

きびなご、さつま芋、生姜、しめじ、大根、大根の葉、人参、ごぼう

小魚の産地は、国産、九州あたりで採れたもの、にしています。


小魚にしているのは、汚染が少ないだろう ということです。私個人の素人的考えです。大きくなればなるほど、蓄積されるのでは・・と。

2018年7月。きびなごごはんを続けていた頃。ドッグデリのワンちゃんに遊んでもらってるところ。

日本犬は魚をあげた方が良い?

日本犬は、魚をあげた方が良い。

この説を信じます。例えば、もし私がトロピカルな国に移住して、その国の食べ物だけ食べたら、体調は崩れると思います。

私の体調が良くなったのは、茶々丸の食材をどうしよう、と色々模索して行く中で、その土地の食べ物を食べる、先祖代々食べているものを食べる ことがとても大事、と知り実行したからです。

茶々丸は 狆 です。狆はどういう歴史があるのか・・それを考えたとき、魚は外せない食材 と気づきました。


犬のプロの人たちが「魚をたべている犬は、ボケない。」と仰っていたことも、気になっていました。

飼い主の私、ボケては茶々丸を飼育することができません。

犬と一緒に 魚 です!

茶々丸に合う魚、合わなかった魚

アレルギーが強い茶々丸です。

昔飼っていた狆は、ほぼ毎日サバ缶でしたが、茶々丸は激しい逆くしゃみが起きました。

茶々丸に合うものと、合わない魚があります。

食べた魚と合わない魚_d0339433_20544105.jpg

2017年9月。週3日魚の頃。

【食べた魚】
きびなご、イワシ、ホキ(タラの種類)、タラ、鮭の赤身、秋刀魚の白身、まぐろ・・すべて加熱
 
【アレルギーを起こした魚】
サバ。鮭と秋刀魚の皮もバツ。
食べた魚と合わない魚_d0339433_17434656.jpg

白身魚茹でて。

「丸ごと」の考え方

食材は「丸ごと」採るといいのですって。

丸ごと採れる食材、って何でしょうか・・

ちょっと意識してみると面白いです。

魚も、小魚だったら「丸ごと」になりますよね。

最近、毎日少しずつ食べている小魚おつまみをリンクしておきますね。茶々には2本あげています。

 

お読みくださって、ありがとうございました。(^▽^)

にほんブログ村 犬ブログ 狆(ちん)へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ
にほんブログ村

-関節炎, 犬のアレルギー, 逆くしゃみ, 犬手作り食, 常備食

© 2023 狆の茶々丸 Powered by AFFINGER5