新着記事

狆と歴史

2023/2/6

【狆と日本開国】日本初欧米に渡った犬|ペリーと狆

目次1 黒船来航2 アメリカと日本幕府 それぞれの土産3 ペリーと狆4 幕府使節団「航海日記」より5 【動画】狆と日本開国 黒船来航 以前、狆を愛した英国アレクサンドラ王妃を動画にしました。王妃の写真や肖像画には、日本の皇室から献上された2匹の狆とは違う狆も見ることが出来ます。その狆たちはどこから来た子でしょう。 狆犬と日本開国 太平洋を初めて横断した日本犬 狆を愛したマシュー・ペリーのお話です. インスタで世界中の狆犬を見ることができます。現在、茶々丸のフォロワーさんは、アメリカ合衆国、カナダ、イギリス ...

ReadMore

狆と歴史

2023/1/30

狆と生類憐れみの令

現代 庶民に飼われている狆 「おしん」 目次1 増上寺節分と狆2 徳川綱吉と生類憐れみの令2.1 中野の犬小屋2.2 生類憐れみの令とは何だったのか2.3 綱吉は犬がそんなに好きでもなかった?2.4 生類憐れみの令 処罰は3 動画 増上寺節分と狆 もうすぐ節分ですね。 東京 芝の増上寺、節分には狆のお練り(パレード)と豆まきがあります。 増上寺には徳川家の墓所があります。狆は徳川家で可愛がられていた犬でした。 狆飼いとして、増上寺節分に参加することは憧れです。今年も随分悩みました。・・が、豪雪地帯の茶々丸 ...

ReadMore

狆と歴史

2023/1/30

狆を愛した王妃【動画】狆とアレクサンドラ王妃

2022年に亡くなった英国エリザベス女王の曾祖母 アレクサンドラ王妃 目次1 アンティーク購入で知った海を渡った狆のこと2 日本の皇室から献上された2匹の狆3 喜びも悲しみも・・4 【動画】狆とアレクサンドラ王妃 アンティーク購入で知った海を渡った狆のこと 購入これは19世紀 フランスのリトグラフです。 石で多色刷りしたもの。 小さな紙箱です。 茶々丸の小さい頃にそっくりで、迷わず購入しました。 ショップオーナー様は、狆を飼っていたそうで、時々狆のアンティークが出品されます。ブログも大変興味深く読ませて頂 ...

ReadMore

病気・怪我 犬との暮らし

2023/1/8

日本犬狆(ちん)の魅力5選【動画】

あけまして おめでとうございます。 ブログを読んでくださり ありがとうございます。 今年も お役に立てるような記事を 書いていきたいと思います。 飼い主もあ 狆の茶々丸 どうぞよろしくお願い致します。 目次1 犬種の特徴を知る2 狆の魅力2.1 1.表情が豊か2.2 2.長い尻尾2.3 3.毛の触感2.4 4.模様の出方2.5 5.サイズ 犬種の特徴を知る あ なたのワンちゃんの犬種は何ですか? 私は今まで、狆、ミックス、ヨークシャテリア、マルチーズ、スピッツと暮らしました。親戚の犬ですが、よく一緒に散歩 ...

ReadMore

病気・怪我 犬手作り食 犬との暮らし

2023/1/9

犬の体調2022年振り返り、漢方薬【動画】クリスマスプレゼント

目次1 2022年の体調2 漢方薬3 365日、母ちゃんのご飯だった4 【動画】クリスマスプレゼント 2022年の体調 7月に首の硬直、10月に首と後ろ足の痛み。 病院での治療・怪我はなし。 咳、逆くしゃみも軽度。減って来ました。お腹の調子もマル。 ありがたいことです(^▽^)/     漢方薬 茶々丸に使用した漢方薬。独自判断で使用しました。 漢方薬を犬に与えて不思議なのは、合わないものや必要がなくなると、顔をそむけることです。不思議でなりません。   補中益気湯 桂枝加朮附湯 防已黄耆湯 五苓散 柴苓 ...

ReadMore

病気・怪我 関節炎 犬のアレルギー 犬手作り食

犬の関節炎 治療の注射で動かず<過去記事>

犬の関節炎について、問合せ、検索がこのブログ開設当初から続いていますので、過去記事まとめて行きます。お役に立てることがありましたら、嬉しいです。治る、と信じて頑張ってください。(^▽^)/ 茶々丸は再発せず、元気に走り回っていますよ。

2017年9月19日 歩けるようになった

関節炎の始まり

2017年2月13日、もうすぐ3歳、極寒の時期、河原を散歩しました。

歩きたくない、といったのに「ほら、がんばれ~」と。バ飼い主!

帰宅後、後ろ右足を痛めていることに気が付きました。

その後、よくなったり、またなったり・・

4月1日、あまりに長いので病院へ。

病院への運搬方法もまずかった

車を私が運転。いつもはフリーで乗せているのに、この日は、ケージで。茶々丸はケージが嫌い。

ケージの中でクルクル動いた。

これ、ほんとにまずかった。これが悪化させました。

不安な犬は抱っこして、誰かに運転してもらうか、タクシーで行くべきだった。

病院での検査、カルトロフェン注射

触診とレントゲン。

骨に異常なし。

関節炎の治療薬 カルトロフェン注射

カルトロフェン:製造元サイトより

●製造販売元:DSファーマアニマルヘルス
●剤形:微黄色澄明の注射液
●成分:ポリ硫酸ペントサンナトリウム

特 徴

1)主剤・ポリ硫酸ペントサンナトリウムが有する多様な作用機序により、骨関節炎の病因に直接的に作用して症状を改善
2)1週間に1回、合計4回の投与で骨関節炎に伴う疼痛・跛行を改善
3)少ない投与量(犬の体重1kg当たり本剤0.03mL)の皮下投与
4)良好な組織移行性

組 成

1mL中ポリ硫酸ペントサンナトリウム100mgを含有

効能・効果

犬:骨関節炎に伴う疼痛および跛行の改善

帰宅後、動かなくなった!

車で10分の動物病院から帰宅。

ぐったりして、動かなくなった。

そして、脚は鶴のように折れ曲がってしまった!病院へ行く前は、歩けていた。ときどき、つんつんと上げるときがあって、痛そうだな、と。それがもう、しっかり曲がった状態。

病院へ電話。何度もやり取り。先生は連れてくるよう仰ったが、動かせない状態で怖ろしくなり、お断りした。

別の動物病院で、カルテ間違いで注射され、亡くなった先代犬

長いこと、口に出すのも、ブログに書くこともできなかった事件。

先代の大型犬アレルギーのある犬でした。

動物病院の言いつけをすべて守り、ドッグフードで育てました。高齢になり、ドッグフードを食べなくなると、「鶏肉あげて」と。あれだけ、「人のものをあげてはいけない、ドッグフードが完全栄養食」と力説していた病院が、です。鶏肉、食べませんでしたね。食べつけないものは、体調悪くなって食べないのです。

猛暑の日、元気がないので病院へ。注射。なんの注射かも言わない。地元の「名医」だから。

会計のとき「あ、カルテ間違えてた・・あ、大丈夫ですよ。大丈夫ですから」

帰宅後、遠吠えして亡くなりました

病院へ抗議するも、受け付けません。「治療は関係ない」。

もう犬は飼わない、と決めたのですが、今、茶々丸がいます(笑)

薬剤アレルギーの茶々丸

もともと、薬剤に極端に反応する茶々丸です。

普通のワンちゃんたちが大丈夫な薬も、彼にとってはアウトでした。

「病気じゃない」なら 何?

茶々丸地方 やっと雪が 融けました。 ドライブも 楽しいです。 新しいブログ作りは まだまだ 慣れません。 茶々丸の写真使って ドッグフードやグッズを売っているサイトが あります。 インスタを のっと ...

続きを見る

カルトロフェンに副作用はない・・・?

「カルトロフェンに副作用はない」と先生とのやり取りがありました。その時は、私もそう思いました。

ネットで検索しましたら、そのように書いてあるものばかり。

3日間動かず

ごはんは食べません。水は飲みました。

水を飲んで、おしっこをするようになったから、絶対大丈夫!そう思いました。

あとは固く丸くなって、動きません。「ごめん、ごめん・・」と謝り続ける3日間。

その間、「カルトロフェンの副作用」の記事がやっとみつかりました。

この当時、「副作用」の記事を見つけるのが困難でしたが、今、結構ありますね!そう、合わない子もいるのです。

注意ポイント

どんな薬も 副作用は あります!

副作用ゼロのものなんて この世にありません!

これは強く申し上げます。「獣医師でもないのに」? ハイ、ですから言えます。獣医師は「習った」ことを伝えているのです。

習ったとおり、まずやってみる。疑問が出たら変える。そういう頭が柔軟な獣医師と出会えたら、幸せです。

先代犬の「地元の名医」は、「名医」ゆえ、「自分は間違っていない」と信じているので、怖いのです。

 

動物病院はいっぱいある

昔の私は、頭が固かったですね。「名医」とか「評判」とかそういうもので判断し、自分で「治そう」としなかった、自分で考えなかった。

今はネットで患者さんたちの生の声をどんどん聞けます。良い時代です。カルトロフェンの副作用についても、いっぱい出ています。

動物病院はいっぱいあります。この数年で、東洋医学で治療する病院も増えました。今、茶々丸の住む近くにもあります。凄いわーありがたい。

変える、というのは勇気のいることです。わかります。

今、勇気を出して動き出さないと、何も変わらないと思います。

ポイント

少数派ではありますが、手作り食 という獣医師も います!

犬の関節炎。自然治癒した我が家の予防は・・

トン子🐷です。お母さんが雪片付けして、背中ギックリしました。茶々くんは、お母さんがソファに横たわると、ライアン🦁を持って来るようになりました。 お母さんがライ ...

続きを見る

私は、どんなときでも対応できるよう、手作り食を勉強し、記録し続けます(^▽^)/

お読みくださり、ありがとうございます。

 

にほんブログ村 犬ブログ 狆(ちん)へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ
にほんブログ村

-病気・怪我, 関節炎, 犬のアレルギー, 犬手作り食

© 2023 狆の茶々丸 Powered by AFFINGER5