新着記事

病気・怪我 犬手作り食

2024/6/7

2024年5月|犬の体振り返り★温度差に泣く

脱臼が治った夜 良かった ぐっすり眠っている 体調 狆のオス 10歳1か月 硬直 神経痛 なし。 4月にあったので、↓ ↓ 首の硬直はとても気をつけました。 咳 2回。はちみつで止まりました。 最高気温が、30℃から19℃になったとき。18℃から30℃になったとき。おかしいでしょ、この気温差。 逆くしゃみ 2回。 漂白剤を入れたバケツ(蓋つき)が風呂場にありました。脚を洗うときに逆くしゃみ。私の不注意。 雨の降る前。 胃・お腹の不調 脱臼の前、数日後もう片方がおかしい、と気づいた日に、いつもは一日1回の& ...

ReadMore

狆と歴史

2024/6/3

モデル狆を探した話|高村光雲|明治宮殿

芍薬と狆薫り立つ 雨上がりの庭の花 明治宮殿 明治宮殿は天皇の御所です。 1945年、戦争で焼失しました。 1888年に落成した宮殿、4頭の狆の彫刻が飾られていました。 彫刻家 高村光雲 狆のモデル探し 高村光雲は日本を代表する彫刻家です。 上野公園の西郷隆盛像は有名です。 宮殿「貴婦人の間」 高村光雲は、宮殿「貴婦人の間」に飾る4頭の狆の彫刻を依頼されました。   モデル狆探し モデルの狆を探し始めます。 鳥屋を回りましたが、良い狆はいませんでした。当時、狆は、小鳥屋さんでカゴに入れられて売られていまし ...

ReadMore

関節炎 犬手作り食

2024/5/28

急激な気温差⇒脱臼した犬

5月の庭 心地良い風 本当にリラックスしているときは、こんな顔 季節の変わり目注意 茶々丸は、急激な気候変化が苦手です。 幼いとき、獣医師から宣告されていたものの、その時はよくわかっていませんでした。 今まで多かったのは、首の硬直 部屋の温度を気を付けていても、外気温が急激に変わったときは、暑くなる、寒くなる、どちらにしても首に不調が出ました。 今までの足関節炎 3歳間近のときに、極寒の中を散歩し、関節炎にさせてしまいました。 じん帯ではないか、という診断でした。 薬剤アレルギーのある茶々丸、注射後動かな ...

ReadMore

狆と歴史

2024/5/22

狆の「筆毛」

うっとり茶々さま  でかい(笑) 長毛種犬の手足   狆の手脚の毛は、他の長い毛の犬とは、カットの仕方が違います。 これは7か月の写真です。初めてトリミングに行って来ました。 足先は、シーズーのように丸くカットされています。長い毛の犬種の一般的なトリミングです。 狆の手脚カット「筆毛」 10歳、今の茶々丸です。手脚の爪の上の毛を伸ばしています。 これは「筆毛」と言います。 アンティークのお雛様に狆がいます 昔のお雛様には、狆を連れた官女の人形があります。 大木喜十郎作 茶狆を連れた官女さま。大木 ...

ReadMore

ホームページ作り 季節行事 犬おやつ

2024/5/16

10歳犬のお誕生日ケーキ★ブルーベリー・レアチーズケーキ|YouTubeの英語字幕|バースデーケーキ10年

フリル狆パンジー💐祭り。茶々丸のかっての願い、ケーキ🎂のホール食い(笑)実現💓大豆クッキーを台に、昨年お家🏠で採れたブルーベリー🫐を入れたチーズケーキ。甘味は甜菜糖。今年はバナナ🍌のお花を10個。フリルビオラは35種。多くは、遠方に住むガーデナーからのギフト🎁他のビオラたちと共に饗宴して最高の贅沢✨✨ 昨年と同じなんだけど・・ 昨年も同じケーキ。 今年は、バナナを10 ...

ReadMore

犬のアレルギー 犬との暮らし

犬とアジサイ

2021年7月

こんにちわんこー、茶々丸です。
写真撮影して、アイス最中食べました。
お母さんはアイス、僕は皮でした。
モデルとカメラマンは、同等であるべきだと思いました。
#茶々丸日記

犬の紫陽花中毒について

昔、近所の大型犬が紫陽花で遊んで中毒症状を起こした、ということがありました。

茶々丸も、庭の紫陽花には近づきません。紫陽花は切っても切っても増えるので、もう少し整理したいです。

食べなければ大丈夫

料理に添えられた紫陽花の葉を食べて中毒になった、というニュースを聞いたことがあります。食べるんかいな・・(-_-;)

触っても大丈夫。けれど食べてはヒトも犬も危険なのです。

青酸配糖体

紫陽花の毒は、自然毒で「青酸配糖体」というもの。

生の梅は食べちゃダメ、というでしょ。梅とかスモモなど、バラ科植物の熟していない果実に含まれます。植物が自分を守るためなのですって。

ペットの中毒症状

下痢、嘔吐、痙攣、麻痺。

近所の犬は、病院で処置を受けました。とても元気な大きな犬だったので、カジカジして遊んだらしいです。

それから、我が家も犬が紫陽花で遊ばないよう、気を付けています

スズランの毒性は有名で、スズランはすべて引っこ抜きました。

紫陽花はきれいですし、庭を埋めるには手間いらずで重宝な植物。隣家との境に植えるだけにして、犬が走り回るところには植えないようにしています。

お花との写真撮影は、お花に顔を突っ込むのですが、紫陽花はくっつきません。

やっぱしなー、と思いました。

ごめん、ごめん。

 

 

 

猛暑、ご自愛ください。(^▽^)/

お読みくださり、ありがとうございます。

 

 

にほんブログ村 犬ブログ 狆(ちん)へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ
にほんブログ村

-犬のアレルギー, 犬との暮らし

© 2024 狆の茶々丸 Powered by AFFINGER5