新着記事

頸椎形成不全症候群 犬手作り食 犬との暮らし

2022/7/1

うちの犬が大丈夫な気温【動画】初夏のビオガーデン散歩

こんにちわんこ🐶茶々丸です。クイズです🎶マーケットのお茶屋さんで試飲してたら、人が集まって来ました。理由は次のうち、どれでしょう。①岩手では犬がカートに乗って散歩するのは珍しい。 ②お茶屋🍵さんが「あなたもどうぞ🫖」と犬に試飲を薦めるのが珍しい。③犬が紙コップでお茶🍵を飲んでいるのが珍しい。④お母さんさんの押しているのはシルバーカートじゃなくて、犬のカートだったから。正解は・・あなたの考えたそれです🤣 目次1 ...

ReadMore

関節炎 犬手作り食 犬との暮らし

2022/6/20

犬の手術で悩んだとき

「茶々ちゃんと 寝てみたいわー♡」 って言われるときがあります。 ・・こんなですが、どうぞ(笑) 目次1 愛犬に手術を薦められたとき2 飼い主の体験から「手術」を考える2.1 犬と二人三脚 愛犬に手術を薦められたとき 茶々丸が受けた手術 ●去勢手術 薦められたけどやらなかった手術 ●軟口蓋過長 ●関節炎       あなたのワンちゃんは、手術したことがありますか? 身体にメスを入れる、というのは、良くなることとわかっていても怖いですよね。   茶々丸は去勢手術をしています。 私はオス犬は当然やるものだと思 ...

ReadMore

犬手作り食 犬との暮らし

2022/6/12

【動画】犬手作り食のきっかけ、犬から教わったこと。

初夏の森をお散歩しました。 犬手作り食のきっかけ 完全手作り食になったのは、生後半年を過ぎて。 生後4か月のとき、お料理教室で教わった精進出汁を与えたときがきっかけです。 手作り食については、このページにまとめています。 ⇒★   犬から教わる 手作り食にせざるを得ない状態は、犬を注意深く観察することになりました。 そうすると、教わることが多いです。 育てる、ということは自分自身が学ぶ、成長することなのだなぁ、と思います。 2分程度の動画を作りました。もしよろしければご覧ください。   お付き合 ...

ReadMore

関節炎 犬手作り食 常備食 犬との暮らし 犬おやつ

2022/6/4

2022年5月 体調・食べ物振り返り、名前の由来

2022年5月末。 庭の薔薇が咲き始めました。 茶々丸の5月、振り返ります。 目次1 体調1.1 咳1.2 逆くしゃみ1.3 お腹、胃の不調1.4 関節炎2 食べたもの2.1 犬ごはん原材料2.2 おやつ、口にしたもの3 5月注意点4 飼い主体調振り返り5 【動画】名前の由来 体調 咳 なし。 逆くしゃみ 低気圧のときに、少し。すぐ止まりました。 お腹、胃の不調 5月初旬に、朝の吐き気、14時胃液吐く。食欲あり、元気で暴れる。 →気温15度から28度に。気温の変化についていけなった模様。これが5月の怖いと ...

ReadMore

犬との暮らし

2022/5/24

【動画】トン子洗った:犬のこだわり

2022年5月 おはようございます、茶々丸です。 トン子🐷、風呂🛁に入れられました。 トン子🐷はぼくが守るから❗️ 目次1 こだわり強すぎ😞2 おもちゃへのこだわりは3 おもちゃ洗うとどうなる?4 動画にしました こだわり強すぎ😞 どの子にも個性があるのですが・・ 日本犬、は特に頑固だと言われています。   茶々丸のこだわりはこんなものにあります。 食材 料理方法 食後のルーティーン 車 ...

ReadMore

関節炎 犬手作り食 犬との暮らし

犬の手術で悩んだとき

「茶々ちゃんと 寝てみたいわー♡」

って言われるときがあります。

・・こんなですが、どうぞ(笑)

愛犬に手術を薦められたとき

茶々丸が受けた手術

●去勢手術

薦められたけどやらなかった手術

●軟口蓋過長

●関節炎

 

 

犬の軟口蓋過長、いびきのこと

二人(茶々丸とトン子ちゃん)とも、よく眠っています。もうすぐ7歳・・ 目次1 犬の逆くしゃみで、軟口蓋過長の手術を薦められたとき1.1 犬の「逆くしゃみ」って?2 犬の「軟口蓋過長」って?2.0.1 ...

続きを見る

 

あなたのワンちゃんは、手術したことがありますか?

身体にメスを入れる、というのは、良くなることとわかっていても怖いですよね。

 

茶々丸は去勢手術をしています。

私はオス犬は当然やるものだと思っていましたし、ドッグホテルからも強く薦められました。

ところが、病院の先生は渋ったのです。それより、軟口蓋を、と。

鼻ぺちゃ族は爆音でイビキをかきます。かわいいけど、よくないの。フレンチブルは、軟口蓋の手術している子多いですよね。

 

今、去勢手術して良かったのか、と時折頭をよぎります。

うちはしていませんよ~、という方いらしたら、もしよろしければ教えてくださいね。

 

 

 

 

飼い主の体験から「手術」を考える

軟口蓋と関節炎、手術しなくてよかったです。

 

私自身が膝の手術を高校生のときにしています。

良かったのは、ほんのいっとき。

後遺症が色々な形で出ます。どこかを人為的に削除してしまうと、バランスが崩れるのでしょうね。

これは東洋医学の考え方です。

 

 

犬ベッドに除湿マット、関節炎再発防ぐ

          この投稿をInstagramで見る                       狆の茶々丸 Chachamaru(@chachamaru_chin)がシェアした投稿 目次1 湿気に ...

続きを見る

犬の関節炎 治療の注射で動かず<過去記事>

犬の関節炎について、問合せ、検索がこのブログ開設当初から続いていますので、過去記事まとめて行きます。お役に立てることがありましたら、嬉しいです。治る、と信じて頑張ってください。(^▽^)/ 茶々丸は再 ...

続きを見る

鶏レバーのワイン蒸し☆関節炎にビタミン12

2019年7月 『こんばんわんこ~夏の夜の おさんぽだよ~』 目次1 「鶏レバーはどうやって食べるの?」2 レバーのビタミン122.1 狆飼い師匠のコメントが・・・2.2 関節炎発症から8か月、ノーリ ...

続きを見る

犬と二人三脚

茶々丸がノーリードで散歩するようになったのは、飼い主が歩けなかったことが多かったからです。

毎日、整骨院で脱臼を戻してもらってから、仕事する、という生活。布団の重さで脱臼していました。

 

茶々丸3歳間近、私と同じ右足を痛めます。

ここは田舎なので・・私の身体のことを知っていらっしゃる方はびっくりなさって・・

「茶々ちゃんが身代わりになった」と涙ぐむんですよ。

 

身代わり、だなんてどんでもない!

一緒に治します!

 

西洋医学では、脱臼と身体の諸症状は関係ない、と言い切るのです。近くの大病院で怒られましたからね。「それは整形!」って。

 

 

東洋医学は全部繋がっている、と考えます。

 

西洋医学の先生でも柔軟な先生は、最近YouTubeで貴重な情報を発信しています。

食べ物、がとても大事。

注意ポイント

人の身体は、食べ物と考え方で出来ている。

西洋医学の良いところ、東洋医学の良いところをうまく取り入れていけば、解決の方法はあると信じています。

 

 

私の足の再手術の話があったとき、茶々丸も関節炎になり、二人でヨタヨタしていました。(笑)

まさに二人三脚、治ったことも奇跡です。

 

今、二人ともシニアですから、これからまた何が起きるかわかりません。

難を小難に代える生活を、これからも営んで行こうと思います。

 

 

お付き合いくださり、ありがとうございます。

 

にほんブログ村 犬ブログ 狆(ちん)へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ
にほんブログ村

-関節炎, 犬手作り食, 犬との暮らし

© 2022 狆の茶々丸 Powered by AFFINGER5