新着記事

狆と歴史

2023/2/6

【狆と日本開国】日本初欧米に渡った犬|ペリーと狆

目次1 黒船来航2 アメリカと日本幕府 それぞれの土産3 ペリーと狆4 幕府使節団「航海日記」より5 【動画】狆と日本開国 黒船来航 以前、狆を愛した英国アレクサンドラ王妃を動画にしました。王妃の写真や肖像画には、日本の皇室から献上された2匹の狆とは違う狆も見ることが出来ます。その狆たちはどこから来た子でしょう。 狆犬と日本開国 太平洋を初めて横断した日本犬 狆を愛したマシュー・ペリーのお話です. インスタで世界中の狆犬を見ることができます。現在、茶々丸のフォロワーさんは、アメリカ合衆国、カナダ、イギリス ...

ReadMore

狆と歴史

2023/1/30

狆と生類憐れみの令

現代 庶民に飼われている狆 「おしん」 目次1 増上寺節分と狆2 徳川綱吉と生類憐れみの令2.1 中野の犬小屋2.2 生類憐れみの令とは何だったのか2.3 綱吉は犬がそんなに好きでもなかった?2.4 生類憐れみの令 処罰は3 動画 増上寺節分と狆 もうすぐ節分ですね。 東京 芝の増上寺、節分には狆のお練り(パレード)と豆まきがあります。 増上寺には徳川家の墓所があります。狆は徳川家で可愛がられていた犬でした。 狆飼いとして、増上寺節分に参加することは憧れです。今年も随分悩みました。・・が、豪雪地帯の茶々丸 ...

ReadMore

狆と歴史

2023/1/30

狆を愛した王妃【動画】狆とアレクサンドラ王妃

2022年に亡くなった英国エリザベス女王の曾祖母 アレクサンドラ王妃 目次1 アンティーク購入で知った海を渡った狆のこと2 日本の皇室から献上された2匹の狆3 喜びも悲しみも・・4 【動画】狆とアレクサンドラ王妃 アンティーク購入で知った海を渡った狆のこと 購入これは19世紀 フランスのリトグラフです。 石で多色刷りしたもの。 小さな紙箱です。 茶々丸の小さい頃にそっくりで、迷わず購入しました。 ショップオーナー様は、狆を飼っていたそうで、時々狆のアンティークが出品されます。ブログも大変興味深く読ませて頂 ...

ReadMore

病気・怪我 犬との暮らし

2023/1/8

日本犬狆(ちん)の魅力5選【動画】

あけまして おめでとうございます。 ブログを読んでくださり ありがとうございます。 今年も お役に立てるような記事を 書いていきたいと思います。 飼い主もあ 狆の茶々丸 どうぞよろしくお願い致します。 目次1 犬種の特徴を知る2 狆の魅力2.1 1.表情が豊か2.2 2.長い尻尾2.3 3.毛の触感2.4 4.模様の出方2.5 5.サイズ 犬種の特徴を知る あ なたのワンちゃんの犬種は何ですか? 私は今まで、狆、ミックス、ヨークシャテリア、マルチーズ、スピッツと暮らしました。親戚の犬ですが、よく一緒に散歩 ...

ReadMore

病気・怪我 犬手作り食 犬との暮らし

2023/1/9

犬の体調2022年振り返り、漢方薬【動画】クリスマスプレゼント

目次1 2022年の体調2 漢方薬3 365日、母ちゃんのご飯だった4 【動画】クリスマスプレゼント 2022年の体調 7月に首の硬直、10月に首と後ろ足の痛み。 病院での治療・怪我はなし。 咳、逆くしゃみも軽度。減って来ました。お腹の調子もマル。 ありがたいことです(^▽^)/     漢方薬 茶々丸に使用した漢方薬。独自判断で使用しました。 漢方薬を犬に与えて不思議なのは、合わないものや必要がなくなると、顔をそむけることです。不思議でなりません。   補中益気湯 桂枝加朮附湯 防已黄耆湯 五苓散 柴苓 ...

ReadMore

逆くしゃみ 犬との暮らし

「ペットにも大丈夫」が大丈夫じゃなかった☆犬の逆くしゃみ

 

2020年6月 庭のロココ

昨年6月の画像です。化学肥料、薬剤を使わなくなったら、花がこんな巨大化するようになりました。\(^o^)/

 

逆くしゃみで悩んだ仔犬時代

私の長い人生、「逆くしゃみ」というのを茶々丸で初めて経験しました。

びっくりしました。仔犬時代はほぼ毎日。苦しそうでかわいそうで・・

「病気じゃない」なら 何?

茶々丸地方 やっと雪が 融けました。 ドライブも 楽しいです。 新しいブログ作りは まだまだ 慣れません。 茶々丸の写真使って ドッグフードやグッズを売っているサイトが あります。 インスタを のっと ...

続きを見る

今は、ほとんどありません!あっても短いです。

よくなった要因は色々あると思いますが、「ペットにも大丈夫」という庭の除草剤などの薬を使わなくなったことは、大きいと思います。

 

犬の逆くしゃみって?

逆くしゃみ 症状

突然、呼吸困難になり、グー、グーと息を吸い込みます

豚さんのように、とも言われますが、茶々丸のはかなり激しいです。動画を撮る余裕もありません。

仔犬の時は、ほぼ毎日。数秒で止まることもあれば、大体数分。長いときは1時間以上になり、途方にくれました。

逆くしゃみ 原因

短頭種に多いそうです。

原因はまだわかっていないそうです。

茶々丸は2つの病院でレントゲン検査をしました。

器官等に異常はなし。血液検査でも異常なし。

仔犬時代、あまりに頻繁なので、手術も考えました。

犬の軟口蓋過長、いびきのこと

二人(茶々丸とトン子ちゃん)とも、よく眠っています。もうすぐ7歳・・ 目次1 犬の逆くしゃみで、軟口蓋過長の手術を薦められたとき1.1 犬の「逆くしゃみ」って?2 犬の「軟口蓋過長」って?2.0.1 ...

続きを見る

散歩をするとある場所で逆くしゃみが起きる

逆くしゃみはアレルギーかも知れない、という説。

ネットと、今の動物病院の先生からの情報でした。

口にしたもの、行動を書き出すようになって気が付いたのは、散歩をして「ある場所」に行くと必ず逆くしゃみが起きます。

とてもきれいなお宅

ある日、そのお宅でタンクを背負って薬を庭に撒いているいるのを目撃。

もしや・・と思って。

もう1か所、起きる場所があります。空き家なのですが、数か月に一度メンテナンスにこられて空き家とは思えないきれいなお宅。砂利の草が黄色になっていました。

除草剤で反応することがわかりました!

よそのお宅だけではありません。

我が家では「ペットも大丈夫!」と書いてある除草剤を家の裏側に使っていました。

・・・そこもです。

自分の家でなんて、情けない。

すぐ止めました。

花、果樹の消毒剤もダメだった

花や果樹に使う消毒剤、なんと肥料までダメでした。

ヒトの入浴剤、来客の柔軟剤・・・

とにかく、化学的なものがダメ。

 

皆さんが協力してくださった

茶々丸の逆くしゃみは、ご近所の方も驚きました。

それで、確かではないのだけど「もしかしたら・・」とお話しました。

すると多くの皆さん、協力してくださったのです。涙)

「犬がこんなになるのなら、人にも悪いに違いない。」って。

ありがたいことです。

 

長い道のりでした

長い道のりでした。

我が家から化学的なものが抜けるのに、数年かかったような気がします。

そして昨年、いろんな花がこのように大きく咲くようになったことに気づきます。

遊ぶ公園も選んでいます

公園も消毒しています。

特に、アメリカシロヒトリはかなり強い薬剤でないとやっつけられません。

 

画像は今日の公園です。この公園は薬剤を使っていないようです。

広大な土地をこれだけメンテナンスするのは大変なことだと思います。

ありがたいです。

 

2021年5月

お読みくださり、ありがとうございます。

 

にほんブログ村 犬ブログ 狆(ちん)へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ
にほんブログ村

-逆くしゃみ, 犬との暮らし

© 2023 狆の茶々丸 Powered by AFFINGER5