新着記事

狆と歴史

2024/5/22

狆の「筆毛」

うっとり茶々さま  でかい(笑) 長毛種犬の手足   狆の手脚の毛は、他の長い毛の犬とは、カットの仕方が違います。 これは7か月の写真です。初めてトリミングに行って来ました。 足先は、シーズーのように丸くカットされています。長い毛の犬種の一般的なトリミングです。 狆の手脚カット「筆毛」 10歳、今の茶々丸です。手脚の爪の上の毛を伸ばしています。 これは「筆毛」と言います。 アンティークのお雛様に狆がいます 昔のお雛様には、狆を連れた官女の人形があります。 大木喜十郎作 茶狆を連れた官女さま。大木 ...

ReadMore

ホームページ作り 季節行事 犬おやつ

2024/5/16

10歳犬のお誕生日ケーキ★ブルーベリー・レアチーズケーキ|YouTubeの英語字幕|バースデーケーキ10年

フリル狆パンジー💐祭り。茶々丸のかっての願い、ケーキ🎂のホール食い(笑)実現💓大豆クッキーを台に、昨年お家🏠で採れたブルーベリー🫐を入れたチーズケーキ。甘味は甜菜糖。今年はバナナ🍌のお花を10個。フリルビオラは35種。多くは、遠方に住むガーデナーからのギフト🎁他のビオラたちと共に饗宴して最高の贅沢✨✨ 昨年と同じなんだけど・・ 昨年も同じケーキ。 今年は、バナナを10 ...

ReadMore

病気・怪我 犬との暮らし

2024/5/14

太陽フレア?低気圧?不機嫌な犬

風薫る 五月 公園をたっぷりお散歩して いろんなもの毛について お風呂(笑) 太陽フレア? 茶々丸の住む県でもオーロラが見られたらしいです。 太陽フレアって?<引用国立博物館サイト> 太陽の表面でおきる大爆発は太陽フレアとよばれ、大きな黒点のまわりでときどき起きる現象です。フレアがおこると、黒点のまわりにひじょうに明るい部分があらわれます。そして数分間でいちばん明るくなり、その後ゆっくりと暗くなっていきますが、短いものでは数分、長いものでは数時間続きます。フレアはふつう、水素ガスが出すHα(エッチアルファ ...

ReadMore

病気・怪我 犬との暮らし

2024/5/8

2024年4月|犬の体調振り返り★無事10歳誕生日

狆について、昔の本を調べるほど、犬ではなく狆、と認識が変わって来ました。茶々丸の先祖は関東の子ばかりで、この北国で生きるDNAは入っておらず、なんとか冬を越してくれ、と祈る思いで10年。皆さんに教わって、可愛がっていただいて、10年を迎えることができました。ありがとうございます🙇‍♀️これからもよろしくお願いします😊🐼 体調 狆(ちん)男の子、10歳 硬直 神経痛 1回。急に25度を超えた日。 咳 なし。 逆くしゃみ ...

ReadMore

病気・怪我 犬手作り食

2024/5/4

急な暑さも困るのよ、狆犬|こんな症状が出たら要注意!近年の小型犬種も

藩境に咲き始めた 桜 茶々子 籠に乗って登場 温度差に弱い狆 仔犬のとき度重なる不調で、病院で宣告された狆の特性。 「どんなに部屋の温度を調節しても、外気温の変化で体調を崩す弱い犬なんです。 そもそも狆というのは・・」 長い説明も上の空。 お母さんが絶対守ってやるから! 大丈夫だから! 何度も何度も乗り越えて来ました。 寒いとき 暑いとき。 2024年の春は・・ お正月は雪がなく暖冬。 と思ったら、3月に大雪と低温。 4月は突然の高温。 25度を超える日も。一日の温度差が20度なんて日もありました。 今度 ...

ReadMore

病気・怪我 関節炎 犬のアレルギー 逆くしゃみ 犬との暮らし

犬アレルギー☆ブレトニゾロン、ブレトニン常備してあるけれど・・

2021年7月

猛暑。39度の表示を初めて見ました。

岩手です。

車と家、数歩の移動で咳。温度差アレルギー。

お外に出るのは止めます。

犬の逆くしゃみ、処方された薬はブレトニゾロン

犬が蜂に刺されたとき☆飼い主さっき刺された(-_-;)

2019年7月、5歳。 学習しない飼い主 ブログを見ると、毎年この時期「蜂に注意しなくては・・」と書いています。 飼い主、今朝、蜂に刺されました。2回目。アホか・・・ 庭仕事して『蜂いるな~』と思いな ...

続きを見る

飼い主、蜂の巣に手を突っ込んだらしい(-_-;) 針のあと5か所!2週間経って治まりました。

茶々丸が蜂に刺されて駆け込んだ動物病院。それ以来お世話になっています。

逆くしゃみの相談もしました。

そこで「あまりに酷い時はこれを」と処方されたのが、ブレトニゾロンです。ステロイド

 

ステロイド一度も使わず。我が家の逆くしゃみ対処

ステロイドの怖さを知っているので、家では使っていません。

それではどうしているのか、というと・・

ステロイドの前に

  • 逆くしゃみの原因を探る。
  • かすかな体調の変化も見逃さない。
  • 茶々丸にあう飼育方法。
  • 止まらなくなったら、抗ヒスタミン剤をカッターでカットして飲ませる。

ステロイドって?

ブレトニゾロン、ブレトニンはステロイドです。

私が蜂に刺されて使ったムヒEXにも使われています。

アレルギー、免疫異常の膠原病に使われます。私は地元で「名医」と言われるところに行くと、強いステロイドを出されます。すぐ治る→だんだん身体が弱る、を実体験しています。

犬の場合、先代たちを振り返って、ステロイドだらけでしたので、この記事を書きます。

 

ステロイドは、痒みや痛みをすぐに抑えることができます。

痒み・痛みを抑えることができるのですが、アレルギーを治す・根治させることは決してできません。

薬の効果が切れたらまた痒くなり、痒くなったのでまた飲ませるという繰り返しになります。

このスパイラルに入ると、糖尿病や、肝不全、膵炎、クッシング病など病気が起こり始めます。

最後は、多臓器不全となり、亡くなることにもなりかねません。

ステロイドって悪い薬?

それでは、ステロイドを全く使わない、ということは可能でのでしょうか。

私自身、使い方を気を付けて対処しなければ、乗り越えられない場合もある、と思っています。

ヒトの医師の場合、私は病院、医師を選びます。「大病院」だから優秀な先生、というわけではないです。たとえば、ある女優さんが免疫異常の難病になって、訪れた病院は28個。今、秋田の個人病院に通院しているのですって。テレビに出られると、「あぁ、こうしてお元気で居られることも可能なんだなぁ」と嬉しくなります。東京だったら、良い病院がいっぱいありそうでしょ。その女優さんにとっては、秋田の小さな医院が命を救ってくれたのです。

良い先生と出会って、使うべきときにはステロイドを上手に使う、というのが免疫異常の場合だと考えています。

ブレトニン、ブレトニゾロンの働き

  • 炎症を抑える
  • 免疫の暴走を抑える

免疫の暴走、ってどういうことかと言うと、本来、免疫は自分の身体を守るもの。アレルギーのある人、犬は、その免疫が多すぎて自分の身体を攻撃してしまう、のです。

「免疫が強すぎる?だったら、どんな病気になってもすぐ治る、ってことだよね。いいよね~」と私に仰った方がいます。私は上手く説明できなくて・・ご自身は驚くほどの大量の薬を常用していました。

生き方、チョイスの仕方だからね、リアル生活では聞かれたから答えただけで、平行線。

これを今、お読みになっている方は、ステロイドについていくばくかの不安をお持ちなのだと思います。

私自身がステロイドを極力使わない小さい茶々丸には家では絶対使わない、という選択をしています。

ステロイドの利点と副作用を上手に利用する

痛み、痒み、腫れをすぐ抑えるステロイドは、ほんとラクになります。飲み薬、塗り薬、色々な薬に使われています。

けれど、副作用もある、ということをわかって、どのくらいの期間、どのくらいの量を使うか、獣医師さんとよく相談だと思います。

 

身体そのものを本来あるべきところまで

アレルギーは免疫異常です。とても難しいことですが、身体が本来あるべきところまで戻るように、口にするもの、肌に触れるもの、鼻から吸うものを良いものにしてリセットしてあげたいです。

仔犬時代の枠狆、マイクロチップの埋め込み・・・彼の身体には、自然界にはない異物を入れられました異物を排除しようとする免疫が多く動いてしまっているのは、そういうこともあるのだろう、と思っています。

 

茶々丸にしてあげられること

  • 食材の厳選。
  • 肌に触れるのはなるべく天然素材。
  • 鼻から薬剤が入らない場所で散歩。
  • 環境の変化を減らす。
  • 好きなように過ごさせる。
  • 無理をさせない。

なぜ犬にそこまで?

可愛いから、愛しいから♡

自分の廻りで起きていることに、意味のないことなどない、と思っています。動物に、全身全霊こめて飼育するのは、動物園の飼育員だって同じでしょう。

「なんで犬にそんなことすんのよ」と言われたことが何度もありますよ。大きなお世話だ、あなたのお金でお肉買っているわけではない。(笑)

ヒガミね、ひがみ(笑)

最後までお読みくださりありがとうございます。

 

にほんブログ村 犬ブログ 狆(ちん)へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ
にほんブログ村

-病気・怪我, 関節炎, 犬のアレルギー, 逆くしゃみ, 犬との暮らし

© 2024 狆の茶々丸 Powered by AFFINGER5