新着記事

関節炎 犬のアレルギー 犬手作り食

2024/2/23

犬が白米アレルギーだと思っていたら・・・【木村式完全自然農法米】

3歳間近に関節炎になり、200日かけて自然治癒(薬品にアレルギーがあり、注射すると動かなくなりました)したと思ったら、お腹の不調がかれこれ1年以上続きました。 さすがに病院の先生も「手作り食をやめましょう」と。 いや、関節炎を治すために手羽先だけにしていたときは、なんともなかったのです。 なにかに反応している・・・お散歩コースは、除草剤や消毒をしていない公園、家では入浴剤など排除、野菜は無農薬、にしていたつもりでした。 自宅でアレルギー源を特定する お腹は、治ってはまた下痢、を繰り返します。 病院で感染症 ...

ReadMore

病気・怪我 防災 犬手作り食 犬との暮らし

2024/2/12

2024年1月|犬の体調振り返り★狆オス9歳9か月|手作り食犬の備蓄を考える

手作り食犬の防災備蓄を考えています。東日本震災のとき、震度6弱、3〜4日停電断水でした。その後、ここのように被害のない地域は、物流が途絶え、肉や魚、野菜が手に入りませんでした。2ヶ月くらい。ありがたかったのは、料理好きの方から、良質の卵と夏みかん。宅急便のセンターが近いので、宅急便屋さんが我が家まで届けてくれました。※当時ガソリンもない状況なので、宅急便はセンター受け取りでした。それをみんなで分けました。久々のタンパク質とビタミン。泣きたいほどありがたかったです。体調を崩す人が多く、けれど皆が病院に行こう ...

ReadMore

狆と歴史

2024/1/23

日本犬狆(ちん)狩猟犬、番犬?|狆ドリル

狆は吠えない、片手で持つくらいコンパクト??? テレビや本、ネットの情報、えっ?と思ったことありませんか? 「狆は2~3キロで、ほとんど声を出さない、おとなしくて飼いやすい犬種です。」 。 。 うちの狆は、身体も大きければ(5キロ)、声もデカイ!   先代犬たちは、大型犬と小型犬でしたが、トレーニングで声を出さないように訓練した子たちでしたので、茶々丸のデカイ声とデカイ態度は新鮮です。(笑) もともと大きくなる素養があるのに、食事制限をして小さくしようとすると、あとで必ず、なにか身体に出る、と私は思ってい ...

ReadMore

病気・怪我 頸椎形成不全症候群 犬との暮らし

2024/1/15

犬の首 硬直24時間

春を待ちます 外は猛吹雪 けれど季節は必ず巡るから 24時間ちょうどで治りました! 一年に1,2度、季節の変わり目に首が硬直することがあります。 今季最低気温が二日続いた日、昼間は快晴でした。うっかりドライブに連れ出します。 いくら車の暖房をつけても、こういう日は、家から出してはいけないのでした! 今は完治して、家の中を暴れまわっています。駆け回ってぬいぐるみをぶんぶん振り回しています。 不調前夜 前の晩、咳をして、ハチミツで治りました。 雪が降る前日、咳が出ます。 深夜、飼い主のおやつタイム。大好きなゴ ...

ReadMore

病気・怪我 犬手作り食 犬との暮らし

2024/1/6

2023年12月|犬の体調振り返り★9歳8か月☆狆・オス|こうなったら注意

能登地震で亡くなられました方のご冥福をお祈り申し上げます。 お怪我をなさった方、体調を崩された方、一日も早いご回復をお祈り申し上げます。 被害に会われました皆さま、どうかどうか今の状態から、生活ができるまで復興されるよう、心を寄せ続けております。 時は必ず進みますから・・           東北の空の下より。 体調 狆(ちん)男の子、9歳8か月 硬直 神経痛 なし。 細心の注意を払い 過ごしました。温度差に注意、です。寒い部屋には行かせない、毎日のドライブは車を十分温めてから乗せました。   咳 なし。 ...

ReadMore

狆と歴史

【狆と日本開国】日本初欧米に渡った犬|ペリーと狆

黒船来航

以前、狆を愛した英国アレクサンドラ王妃を動画にしました。王妃の写真や肖像画には、日本の皇室から献上された2匹の狆とは違う狆も見ることが出来ます。その狆たちはどこから来た子でしょう。

狆を愛した王妃【動画】狆とアレクサンドラ王妃

2022年に亡くなった英国エリザベス女王の曾祖母 アレクサンドラ王妃 アンティーク購入で知った海を渡った狆のこと 購入これは19世紀 フランスのリトグラフです。 石で多色刷りしたもの。 小さな紙箱です ...

続きを見る

狆犬と日本開国 太平洋を初めて横断した日本犬 狆を愛したマシュー・ペリーのお話です.


インスタで世界中の狆犬を見ることができます。
現在、茶々丸のフォロワーさんは、アメリカ合衆国、カナダ、イギリス、スイス、イタリア、香港、シンガポール、韓国、中国、ブラジルなどたくさんの遠い異国の狆ちゃんたちの暮らしを楽しませ
てもらっています。

19世紀幕末 1853年横須賀の浦賀に4隻のアメリカ艦隊が入港します。
蒸気船2隻 帆船2隻
率いるのは マシュー・ペリー
当時 開港していたのは長崎のみ。オランダだけが寄港を許されていました。
いきなりびっくり江戸湾にやってきた黒船
事前にオランダからの情報でアメリカがやってくることは知っていたそうですが
それでも幕府はどんなに混乱したことでしょう。


日米和親条約 下田港・函館港開港の要求する
アメリカ大統領の文書を渡すのがペリーの役目
です。


アメリカがなぜ日本に開港を望んだか 大きく2つの理由があります。
一つは中国への進出です。
当時 アヘン戦争で英国は清を半植民地化しました。
アメリカは英国に対抗して清進出を狙います。
この当時 アメリカは大西洋横断して清へ行っていました。
それは 英国の方が有利なルートです。
そこで太平洋横断したい、 と考えました。
それには、日本という島国の港で メンテナンスが必要です。


日米和親条約と琉米修好条約 を結ぶ目的がありました。

沖縄 下田 函館 と3箇所での開港が目的です。

2つ目の理由 捕鯨
当時アメリカは最大の捕鯨国でした。
鯨の油を灯油や工業用の油として使用していました。

捕鯨船は日本近海で漁をすることが多かったので
そのためにも日本の港で燃料・食料の供給をしたかったのです。
ペリーたちは大統領の親書を幕府に渡し、何日か滞在し琉球へ向かいます。

翌年1854年2月 再来日
今度は7隻の艦隊を横浜港に入港させます。


今度は早期締結を求め
3月に神奈川で日米和親条約条約
7月に琉球王国とも修好条約を結びました。

 

アメリカと日本幕府 それぞれの土産

ペリーから将軍への土産。蒸気機関車の模型。実際時速30キロで走行!

 

モールス電信機。

ペリーとのやり取りは、幕府の頭脳集団とペリー側の友好的な交流がありました。
ペリーのやったことは 幕府要人への「お・も・て・な・し」
各種料理スイーツ お酒 それはもう大変な種類で 大興奮だったそうです。
そして日本はお土産を持たせます。


船旅で日持ちするもの 珍しいものを 差し上げましょう。


将軍様からは3種 米・魚の乾物・犬
幕府からその他選別の品 木炭、たくさんの鳥(キジ、オシドリ、優雅な鳴き鳥)、尻尾のない猫。


将軍から献上された犬は 1種
狆! (ちん)

 

初めて大西洋横断した日本犬は 狆!
各種贈り物の中で
一番喜んでいただいたのが 狆!

ペリーと狆

 

 

 

ペリーは狆を大層気に入って
幕府から贈られた狆のペアの他に
個人的に狆を購入し乗船しました。

出航時には幕府がアメリカ大統領へ4匹、「トレイ」「ブランシュ」「スィートハート」
幕府要人がペリーへプレゼントした「シモダ」「エド」2匹
ペリーが個人的に購入した2匹
少なくとも8匹は乗船しています。
この他に、他の乗組員も連れ帰ったかも知れないのです。


狆の数に着いては、海外のジャパニーズ・チン・クラブごとに記録がまちまちです。
公式報告書では大統領への1匹、乗組員記録で「シモダ」と1匹、合計3匹が亡くなった記録
2匹だけ着いた記録、5匹着いた記録、
2匹着いて他2匹が別の船で到着・・
欧米で定説となっている「ヴィクトリア女王に2匹献上」説もはっきりしていません。

ペリーの航路は、香港、シンガポール、インド洋、アフリカ沖、大西洋を渡る半年間の航路です。各地で調査をしていたようです。

ペリーは日本から帰国翌年退任、退任から3年後の1858年3月、63歳で亡くなります。


こんな大変な航海を乗り越えた狆。
最後に ペリーの狆のお話をします。

幕府使節団「航海日記」より

ペリーはリウマチなど体調がよくありませんでした。
任務を果たすために準備した勉強は膨大な量
船上での生活は 健康を害しますよね。
日米和親条約締結にはペリーの裁量と人柄がありました。


ペリーが病死した2年後
幕府使節がアメリカへ向かいます。


新たに結ばれた日米修好通商条約批准書交換を終え
ペリー宅へ使節団は表敬訪問をします。

出迎えたのは、ペリーの奥様、お嬢様
そして2匹の狆でした。

1匹1匹は白黒狆オス「エド」、もう1匹が白茶狆メス「ジャップ」
※この当時、ジャップは侮辱する意味では使われていません。


エドは、幕府要人からプレゼントされた子、ジャップは大統領に預けられた3匹のうちの1匹ではないか、ということです。

幕府使節団が残した記録です。


狆は衣類を嗅ぎ、日本人だとわかると、喜んで跳ね回り、膝に上がり、袂で遊びます。
跡をついてまわるその様子は、人のようです。言葉に表せないほど愛しい。
その情は、人と同じです。
帰る時には、別れを惜しみ、狆は悲しくて大声で吠え、鳴きました。

日本に帰りたいのだろうか。不憫でなりません。


そこに居た人が皆、その様子を見て、涙が止まりませんでした。
落涙のまま、ペリーの家をあとにしました。


海を渡った狆たち
日本の犬で 最初に海を渡ったのが狆
黒船のペリーが大切に狆を飼っていてくれた
それが現在の欧米狆の優良種となって、元気でいてくれます。

【動画】狆と日本開国

お読みくださり、ありがとうございます。

 

にほんブログ村 犬ブログ 狆(ちん)へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ
にほんブログ村


-狆と歴史

© 2024 狆の茶々丸 Powered by AFFINGER5