新着記事

犬のアレルギー 犬手作り食 犬との暮らし 犬おやつ

2022/1/18

【動画】犬とお茶会 クランブルケーキ

あけまして おめでとうございます。 今年もどうぞよろしくお願いします。   このクランブルケーキは、何十年も作っていて(笑) お客様にお出しすると、とても喜ばれます。   生クリームの質で、全く味が変わってしまいますので、 ぜひ良質のクリームでどうぞ。   茶々丸は、ネットで買う某高品質生クリームは大丈夫で、 街のスーパーで買ったものは、乳糖アレルギーかな?咳と運運が少しだけ柔らかくなりました。 何がアレルギーを起こすんだろう・・謎。 ほんとに謎だらけ。 いずれ、お高いものは大丈夫ざんすよ、茶々さま( ´ ...

ReadMore

病気・怪我 犬のアレルギー 逆くしゃみ 頸椎形成不全症候群 犬手作り食 犬との暮らし

2022/1/12

狆の茶々丸 2021年振り返り、使用した漢方薬

こんばんわんこ、茶々丸です。なんかね、ウキウキして来た。#茶々丸日記犬は飼い主の気持ちを敏感に感じ取るんだな、って思います。 目次1 体調1.1 使った漢方薬2 ホームページを新しくした3 365日、母ちゃんのごはんだった4 YouTubeを作った5 7歳を無事過ごしている 体調 病気、怪我による通院なし。スバラシー👏👏👏 ありがとう、茶々丸。 10月に狆族特有の「頸椎形成不全症候群」と思われる症状あり。 咳はハチミツで止めました。少量舐めさせて、15分~3 ...

ReadMore

犬手作り食 犬との暮らし

2022/1/7

2021年12月 お留守番だらけ、体調・食べ物振り返り

おはようございます、茶々丸です。グレてやる〜😤長い留守番の後、お母さんからあんこ🍡のにおいやアイス🍨のにおいがします。#茶々丸日記 目次1 体調1.1 咳1.2 逆くしゃみ1.3 お腹の調子2 食べたもの2.1 犬ごはん原材料2.2 おやつ、口にしたもの: ケーキもあんこも♪3 12月注意点4 飼い主体調振り返り 体調 咳 少し咳をしたことが数度ありました。低気圧のときです。 ハチミツを舐めさせて止まりました。以前は、ハチミツを緑茶を薄めたものや、お湯で溶か ...

ReadMore

犬のアレルギー 逆くしゃみ 頸椎形成不全症候群 犬手作り食 犬との暮らし

2021/12/4

2021年11月 犬手作り食7周年、体調・食べ物振り返り

15日に、犬手作り食7周年むかえました。自分のご飯さえ適当だった私が、鶏ガラを洗うようになるとは、驚き桃の木山椒の木🤣7年、茶々丸が私のご飯を食べて元気でいること、ブログやインスタ、リアルでたくさんの方に料理や食の問題を教わったこと、私自身が犬手作り食をやるようになって健康になったこと・・・皆さま、本当にありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。2021年11月 目次1 体調1.1 咳1.2 逆くしゃみ1.3 お腹の調子2 食べたもの:里芋堪能2.1 犬ごはん 原材料2.2 ...

ReadMore

病気・怪我 犬手作り食 常備食

2021/11/15

犬手作りごはん☆平飼い有精卵のトロトロ卵

ここ2年くらい、毎日、卵をあげています。 昔、女性獣医師さんお二人から「卵はよくない」って言われていて・・・ 茶々丸はあげるようになって、良くなった感じがしています。それぞれなんでしょうね。 飼い主も毎日食べるようになりました😊#平飼い有精卵  目次1 平飼い有精卵ってなに?2 トロトロ卵を始めたきっかけ3 味噌は犬にも大事 平飼い有精卵ってなに? 「平飼い有精卵」というものを知ったのは、旧ブログの非公開コメントの方に教わって、です。   伸び伸びと自由に運動できる平飼い鶏舎で、太陽の光を ...

ReadMore

病気・怪我 頸椎形成不全症候群 犬手作り食 犬との暮らし

Hello!6月 ☆「頸椎形成不全症候群」を狆ブログで知った

2021年5月末

季節の大きな変わり目

5月を無事過ごしました。これはほんとにありがたい。気持ちの良い季節、ですが温度変化の激しい時期でもありますので注意しました。かなり気を付けて、温度&湿度に注意。茶々丸は温度変化、湿度変化に弱いです。SNSを見ていますと、そういうワンちゃん、小鳥さんもいて、飼い主さんの手厚いお世話に感動します。

過保護にするから弱いんじゃないのー?

そんなことしなくても犬は強い

驚くべきことに、先代小型犬の動物病院の先生も言っていました。いや、びっくりだわよ。ブリーダーが「室内を14度以下にしないで」って言っているのに、「犬はそんなヤワじゃないですよ。暖房なしで夜を過ごしている子もいるんです。」と聞き入れない。なんかね、全部ズレてたわ。お腹壊して病院へ行くと「ナマのキャベツせん切りにしてあげてください。」とかね。そのズレに疑問を持ちつつも、従っていたバ飼い主!小型犬は、全身麻痺になり闘病の末、亡くなりました。3歳。

注意ポイント

犬トモ、動物病院・・勉強している人と付き合わないと、とんでもねぇっ・・

 

 

狆ブログ仲間から「頸椎形成不全症候群」を教わる

アヤメがいっぱい咲いていた

2年前、首を下せなくなった

2年前2019年の春、突然、でした。首のヘルニア?と疑う出来事が・・

首を下せず、一晩眠らない!

「地獄」でした。何が起こったんだろう、と。小型先代犬の「全身硬直」「全身マヒ」もこれだったのだと思います。

狆ブログの方が教えてくださいました。

私の狆飼い師匠 ぽんぽこりんさんのブログ ⇒★

「それ、ヘルニアじゃないと思うよ。ヘルニアって・・・」師匠が教えてくれたのは・・・頸椎形成不全症候群。

 

頸椎形成不全症候群の論文

みなとよこはま病院、日本大学の獣医師による論文です。⇒「小型犬における後頭骨および頸椎形成不全症候群」

2008年9月5日発表。

論文中にある気になる症状

3歳で亡くなった小型犬。無理な繁殖でした。親は「犬種図鑑」に載る美しさ。英国チャンピオン、日本チャンピオンたちの交配です。

茶々丸の血統書をみますと、血統的にそういうことは見当たりませんでした。茶々丸の動物病院の先生が仰るとおり「狆」という犬種ゆえ、身体に無理が来ているのでしょう。

茶々丸に思い当たること、論文から拾い上げました。

 

  • 感覚過敏。(味覚過敏
  • 靭帯不安定。(関節炎のとき「靭帯断裂」が疑われた。)
  • 麻痺。(首のとき、首と上半身のときがあった。)
  • 嚥下障害。(ゲホゲホ、飲み込めないときがあった。)
  • 起立不能
  • 呼吸不全。(逆くしゃみ、と思っていたがチアノーゼ起こす。)

注意ポイント

「これらの症状は、天候の急激の悪化などに敏感に反応し顕著化する。」

 

「茶々・・岩手の冬越せないかも知れません。」仔犬のとき、宣言されたのはこれです。

「病気じゃないけど弱い犬です。」ハイ・・わかりました。「覚悟してください。」しました・・

「病気じゃない」なら 何?

茶々丸地方 やっと雪が 融けました。 ドライブも 楽しいです。 新しいブログ作りは まだまだ 慣れません。 茶々丸の写真使って ドッグフードやグッズを売っているサイトが あります。 インスタを のっと ...

続きを見る

昨年は無事でした

眠らないで「おかーさん、助けて・・」と一晩言われ、治ったときには私がダウン。担当医から「すぐ連れて来てくれないと・・」って、私が高熱を出し、全く動けない状態になってしまいました。狆飼い師匠に励ましてもらって、乗り越えました。ありがと、師匠(涙)

昨年は細心の注意を払い、全室に温度計と湿度計絶対無理をさせない、連れ出さない、で乗り切りました。コロナで外に出なかったのが良かったのよ~、ほんと。

元気に走り回って、この時は一瞬視界から消えて、川に落ちたかと焦りました。

一瞬、一瞬が愛おしいです。

犬を飼う、って大変なことです。その大変さも、私は好きです。

先代小型犬、大型犬たちのときは、ドッグトレーナー、ブリーダー、獣医師を妄信し、自分で考えること、自分でごはんを作ってあげることをしなかった。ドッグフードを測ってあげて、排泄と寝床の世話をし、旅行に連れて行き・・それが十分な飼い方、と思っていました。

茶々丸はどこへ行くわけでもありません。近所にこんな素敵な公園があったことも、有機バナナがおいしいことも、茶々丸を育てて知りました。

ありがとね、茶々丸。6月も元気に(^▽^)/

 

にほんブログ村 犬ブログ 狆(ちん)へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ
にほんブログ村

-病気・怪我, 頸椎形成不全症候群, 犬手作り食, 犬との暮らし

© 2022 狆の茶々丸 Powered by AFFINGER5