新着記事

関節炎 犬のアレルギー 犬手作り食

2024/2/23

犬が白米アレルギーだと思っていたら・・・【木村式完全自然農法米】

3歳間近に関節炎になり、200日かけて自然治癒(薬品にアレルギーがあり、注射すると動かなくなりました)したと思ったら、お腹の不調がかれこれ1年以上続きました。 さすがに病院の先生も「手作り食をやめましょう」と。 いや、関節炎を治すために手羽先だけにしていたときは、なんともなかったのです。 なにかに反応している・・・お散歩コースは、除草剤や消毒をしていない公園、家では入浴剤など排除、野菜は無農薬、にしていたつもりでした。 自宅でアレルギー源を特定する お腹は、治ってはまた下痢、を繰り返します。 病院で感染症 ...

ReadMore

病気・怪我 防災 犬手作り食 犬との暮らし

2024/2/12

2024年1月|犬の体調振り返り★狆オス9歳9か月|手作り食犬の備蓄を考える

手作り食犬の防災備蓄を考えています。東日本震災のとき、震度6弱、3〜4日停電断水でした。その後、ここのように被害のない地域は、物流が途絶え、肉や魚、野菜が手に入りませんでした。2ヶ月くらい。ありがたかったのは、料理好きの方から、良質の卵と夏みかん。宅急便のセンターが近いので、宅急便屋さんが我が家まで届けてくれました。※当時ガソリンもない状況なので、宅急便はセンター受け取りでした。それをみんなで分けました。久々のタンパク質とビタミン。泣きたいほどありがたかったです。体調を崩す人が多く、けれど皆が病院に行こう ...

ReadMore

狆と歴史

2024/1/23

日本犬狆(ちん)狩猟犬、番犬?|狆ドリル

狆は吠えない、片手で持つくらいコンパクト??? テレビや本、ネットの情報、えっ?と思ったことありませんか? 「狆は2~3キロで、ほとんど声を出さない、おとなしくて飼いやすい犬種です。」 。 。 うちの狆は、身体も大きければ(5キロ)、声もデカイ!   先代犬たちは、大型犬と小型犬でしたが、トレーニングで声を出さないように訓練した子たちでしたので、茶々丸のデカイ声とデカイ態度は新鮮です。(笑) もともと大きくなる素養があるのに、食事制限をして小さくしようとすると、あとで必ず、なにか身体に出る、と私は思ってい ...

ReadMore

病気・怪我 頸椎形成不全症候群 犬との暮らし

2024/1/15

犬の首 硬直24時間

春を待ちます 外は猛吹雪 けれど季節は必ず巡るから 24時間ちょうどで治りました! 一年に1,2度、季節の変わり目に首が硬直することがあります。 今季最低気温が二日続いた日、昼間は快晴でした。うっかりドライブに連れ出します。 いくら車の暖房をつけても、こういう日は、家から出してはいけないのでした! 今は完治して、家の中を暴れまわっています。駆け回ってぬいぐるみをぶんぶん振り回しています。 不調前夜 前の晩、咳をして、ハチミツで治りました。 雪が降る前日、咳が出ます。 深夜、飼い主のおやつタイム。大好きなゴ ...

ReadMore

病気・怪我 犬手作り食 犬との暮らし

2024/1/6

2023年12月|犬の体調振り返り★9歳8か月☆狆・オス|こうなったら注意

能登地震で亡くなられました方のご冥福をお祈り申し上げます。 お怪我をなさった方、体調を崩された方、一日も早いご回復をお祈り申し上げます。 被害に会われました皆さま、どうかどうか今の状態から、生活ができるまで復興されるよう、心を寄せ続けております。 時は必ず進みますから・・           東北の空の下より。 体調 狆(ちん)男の子、9歳8か月 硬直 神経痛 なし。 細心の注意を払い 過ごしました。温度差に注意、です。寒い部屋には行かせない、毎日のドライブは車を十分温めてから乗せました。   咳 なし。 ...

ReadMore

病気・怪我 頸椎形成不全症候群 犬手作り食 犬との暮らし

Hello!6月 ☆「頸椎形成不全症候群」を狆ブログで知った

2021年5月末

季節の大きな変わり目

5月を無事過ごしました。これはほんとにありがたい。気持ちの良い季節、ですが温度変化の激しい時期でもありますので注意しました。かなり気を付けて、温度&湿度に注意。茶々丸は温度変化、湿度変化に弱いです。SNSを見ていますと、そういうワンちゃん、小鳥さんもいて、飼い主さんの手厚いお世話に感動します。

過保護にするから弱いんじゃないのー?

そんなことしなくても犬は強い

驚くべきことに、先代小型犬の動物病院の先生も言っていました。いや、びっくりだわよ。ブリーダーが「室内を14度以下にしないで」って言っているのに、「犬はそんなヤワじゃないですよ。暖房なしで夜を過ごしている子もいるんです。」と聞き入れない。なんかね、全部ズレてたわ。お腹壊して病院へ行くと「ナマのキャベツせん切りにしてあげてください。」とかね。そのズレに疑問を持ちつつも、従っていたバ飼い主!小型犬は、全身麻痺になり闘病の末、亡くなりました。3歳。

注意ポイント

犬トモ、動物病院・・勉強している人と付き合わないと、とんでもねぇっ・・

 

 

狆ブログ仲間から「頸椎形成不全症候群」を教わる

アヤメがいっぱい咲いていた

2年前、首を下せなくなった

2年前2019年の春、突然、でした。首のヘルニア?と疑う出来事が・・

首を下せず、一晩眠らない!

「地獄」でした。何が起こったんだろう、と。小型先代犬の「全身硬直」「全身マヒ」もこれだったのだと思います。

狆ブログの方が教えてくださいました。

私の狆飼い師匠 ぽんぽこりんさんのブログ ⇒★

「それ、ヘルニアじゃないと思うよ。ヘルニアって・・・」師匠が教えてくれたのは・・・頸椎形成不全症候群。

 

頸椎形成不全症候群の論文

みなとよこはま病院、日本大学の獣医師による論文です。⇒「小型犬における後頭骨および頸椎形成不全症候群」

2008年9月5日発表。

論文中にある気になる症状

3歳で亡くなった小型犬。無理な繁殖でした。親は「犬種図鑑」に載る美しさ。英国チャンピオン、日本チャンピオンたちの交配です。

茶々丸の血統書をみますと、血統的にそういうことは見当たりませんでした。茶々丸の動物病院の先生が仰るとおり「狆」という犬種ゆえ、身体に無理が来ているのでしょう。

茶々丸に思い当たること、論文から拾い上げました。

 

  • 感覚過敏。(味覚過敏
  • 靭帯不安定。(関節炎のとき「靭帯断裂」が疑われた。)
  • 麻痺。(首のとき、首と上半身のときがあった。)
  • 嚥下障害。(ゲホゲホ、飲み込めないときがあった。)
  • 起立不能
  • 呼吸不全。(逆くしゃみ、と思っていたがチアノーゼ起こす。)

注意ポイント

「これらの症状は、天候の急激の悪化などに敏感に反応し顕著化する。」

 

「茶々・・岩手の冬越せないかも知れません。」仔犬のとき、宣言されたのはこれです。

「病気じゃないけど弱い犬です。」ハイ・・わかりました。「覚悟してください。」しました・・

「病気じゃない」なら 何?

茶々丸地方 やっと雪が 融けました。 ドライブも 楽しいです。 新しいブログ作りは まだまだ 慣れません。 茶々丸の写真使って ドッグフードやグッズを売っているサイトが あります。 インスタを のっと ...

続きを見る

昨年は無事でした

眠らないで「おかーさん、助けて・・」と一晩言われ、治ったときには私がダウン。担当医から「すぐ連れて来てくれないと・・」って、私が高熱を出し、全く動けない状態になってしまいました。狆飼い師匠に励ましてもらって、乗り越えました。ありがと、師匠(涙)

昨年は細心の注意を払い、全室に温度計と湿度計絶対無理をさせない、連れ出さない、で乗り切りました。コロナで外に出なかったのが良かったのよ~、ほんと。

元気に走り回って、この時は一瞬視界から消えて、川に落ちたかと焦りました。

一瞬、一瞬が愛おしいです。

犬を飼う、って大変なことです。その大変さも、私は好きです。

先代小型犬、大型犬たちのときは、ドッグトレーナー、ブリーダー、獣医師を妄信し、自分で考えること、自分でごはんを作ってあげることをしなかった。ドッグフードを測ってあげて、排泄と寝床の世話をし、旅行に連れて行き・・それが十分な飼い方、と思っていました。

茶々丸はどこへ行くわけでもありません。近所にこんな素敵な公園があったことも、有機バナナがおいしいことも、茶々丸を育てて知りました。

ありがとね、茶々丸。6月も元気に(^▽^)/

 

にほんブログ村 犬ブログ 狆(ちん)へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ
にほんブログ村

-病気・怪我, 頸椎形成不全症候群, 犬手作り食, 犬との暮らし

© 2024 狆の茶々丸 Powered by AFFINGER5