新着記事

病気・怪我 犬手作り食

2024/6/7

2024年5月|犬の体振り返り★温度差に泣く

脱臼が治った夜 良かった ぐっすり眠っている 体調 狆のオス 10歳1か月 硬直 神経痛 なし。 4月にあったので、↓ ↓ 首の硬直はとても気をつけました。 咳 2回。はちみつで止まりました。 最高気温が、30℃から19℃になったとき。18℃から30℃になったとき。おかしいでしょ、この気温差。 逆くしゃみ 2回。 漂白剤を入れたバケツ(蓋つき)が風呂場にありました。脚を洗うときに逆くしゃみ。私の不注意。 雨の降る前。 胃・お腹の不調 脱臼の前、数日後もう片方がおかしい、と気づいた日に、いつもは一日1回の& ...

ReadMore

狆と歴史

2024/6/3

モデル狆を探した話|高村光雲|明治宮殿

芍薬と狆薫り立つ 雨上がりの庭の花 明治宮殿 明治宮殿は天皇の御所です。 1945年、戦争で焼失しました。 1888年に落成した宮殿、4頭の狆の彫刻が飾られていました。 彫刻家 高村光雲 狆のモデル探し 高村光雲は日本を代表する彫刻家です。 上野公園の西郷隆盛像は有名です。 宮殿「貴婦人の間」 高村光雲は、宮殿「貴婦人の間」に飾る4頭の狆の彫刻を依頼されました。   モデル狆探し モデルの狆を探し始めます。 鳥屋を回りましたが、良い狆はいませんでした。当時、狆は、小鳥屋さんでカゴに入れられて売られていまし ...

ReadMore

関節炎 犬手作り食

2024/5/28

急激な気温差⇒脱臼した犬

5月の庭 心地良い風 本当にリラックスしているときは、こんな顔 季節の変わり目注意 茶々丸は、急激な気候変化が苦手です。 幼いとき、獣医師から宣告されていたものの、その時はよくわかっていませんでした。 今まで多かったのは、首の硬直 部屋の温度を気を付けていても、外気温が急激に変わったときは、暑くなる、寒くなる、どちらにしても首に不調が出ました。 今までの足関節炎 3歳間近のときに、極寒の中を散歩し、関節炎にさせてしまいました。 じん帯ではないか、という診断でした。 薬剤アレルギーのある茶々丸、注射後動かな ...

ReadMore

狆と歴史

2024/5/22

狆の「筆毛」

うっとり茶々さま  でかい(笑) 長毛種犬の手足   狆の手脚の毛は、他の長い毛の犬とは、カットの仕方が違います。 これは7か月の写真です。初めてトリミングに行って来ました。 足先は、シーズーのように丸くカットされています。長い毛の犬種の一般的なトリミングです。 狆の手脚カット「筆毛」 10歳、今の茶々丸です。手脚の爪の上の毛を伸ばしています。 これは「筆毛」と言います。 アンティークのお雛様に狆がいます 昔のお雛様には、狆を連れた官女の人形があります。 大木喜十郎作 茶狆を連れた官女さま。大木 ...

ReadMore

ホームページ作り 季節行事 犬おやつ

2024/5/16

10歳犬のお誕生日ケーキ★ブルーベリー・レアチーズケーキ|YouTubeの英語字幕|バースデーケーキ10年

フリル狆パンジー💐祭り。茶々丸のかっての願い、ケーキ🎂のホール食い(笑)実現💓大豆クッキーを台に、昨年お家🏠で採れたブルーベリー🫐を入れたチーズケーキ。甘味は甜菜糖。今年はバナナ🍌のお花を10個。フリルビオラは35種。多くは、遠方に住むガーデナーからのギフト🎁他のビオラたちと共に饗宴して最高の贅沢✨✨ 昨年と同じなんだけど・・ 昨年も同じケーキ。 今年は、バナナを10 ...

ReadMore

病気・怪我 関節炎

犬の関節炎。自然治癒した我が家の予防は・・

トン子🐷です。お母さんが雪片付けして、背中ギックリしました。
茶々くんは、お母さんがソファに横たわると、ライアン🦁を持って来るようになりました。

お母さんがライアン🦁を咥えてパレードする日も、もうすぐです。🚶‍♀️🦁

「魔の二月」を乗り越える!

3歳間近の2月 関節炎になってしまいました。

それから2月は「魔の二月」として、一年で最も気を付ける時期となりました。

犬の関節炎予防

現在、茶々丸の関節炎予防のためにしていることは次のとおりです。

step
1
アレルギー食材の除去

アレルギーと関節炎が関係ある、なんて、茶々丸を飼って初めて知りました。

私自身が多発性関節炎持ちで、子どものころから現在まで治療中。大病院行っても、関節炎とアレルギーの関係性なんて言われたことなかったです。(岩手ではね・・「関係ありません」だってさ)。それが茶々丸の関節炎で調べたら、「アレルギーによる関節炎」ってのもあることがわかりました。

アレルギー食材見つけ方

口にしたもの全部を毎日記録します。ほんのひとかけ、でアレルギーが出ることもありますから、おやつも記録。

外を歩いた場所、天気&気温を記録します。それによって、茶々丸は温度差、除草剤、樹木の消毒剤に強く反応し、発作が起きることがわかりました。

・新しい食材はほんの少しでテスト。運呼の様子チェック。コロンと紙にほとんどつかないのがベスト。逆くしゃみが起きたらバツ。

・大丈夫そうな食材を5日から7日続けます。運呼、逆くしゃみとも大丈夫だったらOK!

 

step
2
犬にとって栄養のある食事

ドッグフードではなく、手作り食にした理由が「アレルギー」。確かに、目やに、皮膚トラブル、咳、目の充血・・いろんなことがメキメキと改善されました。

問題はその後、です!

その食事、犬にとって良いものですか?

私は勉強不足でした。「靭帯断裂」「一生3本脚かも」「他県の大学病院で検査を」・・動物病院で次々言われる言葉におののき、藁をもすがる思いでコメントしたのが・・有名な楽天ブログで手羽先を薦める愛犬ブログです。

ショックでした。このブログには賛否両論あります。しかし「関節炎は栄養不足」という言葉は、今になると確かにそうなのです。飼い主自身の関節炎も。飼い主、食べることが大好きで美味しいものをみつけるのが趣味。どう考えても「栄養不足」だなんて考えもつきませんでした。

茶々丸の関節炎が治って、「私もかも・・」と食生活をガラリと変えたのです。そして最近、人生で一番、炎症が少ない状態で居られます。

話を戻します。あの「愛犬」ブログのとおり手羽先を試しましたら、数日後動けるようになったのですよ。びっくりしました。野菜は必要ない、あのブログは言います。茶々丸は必要でした、少しだけ。

大型犬を飼っている方は、鶏頭を食べさせますよね。今日もそのことで尋ねられたのですが、私に調理は無理。手羽先だとどこでもいつでも売っているから買いやすい。要は、鶏の骨、ガラの部分に、犬にとって貴重な栄養がたくさんある、ということなのです。

犬の絵には骨の絵がつきものです。いつの日からか、日本の犬は骨を食べなくなったような気がします。先代犬を飼っているとき、動物病院とブリーダーから「このドッグフードだけ」と言われ、それを忠実に守りました。結果、3歳で亡くなった子、病気ばかりして亡くなった子・・・私は今、思います。犬とヒトは違います。自然のもの、犬本来が食べているものを、犬としてのバランスで与えれば、無用な病気や怪我は防げる、と。

 

step
3
犬の身体を冷やさない

冬はもちろん、夏であっても身体の冷えは禁物です。食事は温かいものをあげます。茶々丸は、夏でも冷たいものを食べません。それから冷える食材を食べません。本能でそうしているのだと思います。冷えると身体の水が溜まり、痛みになります。手を触って温かいかどうか、時々チェックしてあげます。毎晩お風呂入ればよいんだろうけどね・・乾かすの大変だもの、できないね(笑)

 

step
4
無理をさせない

茶々丸が脚を痛めたのは、寒い2月でした。立春を迎え、お日様が明るくなり、嬉しくて河原を散歩したのです。『歩きたくない』と言ったのに、「さ、頑張って歩こう!鍛えよう!」と言ったバカい主。

狆さまを鍛える必要などなく、それも極寒岩手の地で、いくら雪がないとは言え、大地は冷え切っています。誰のために何のために犬を「鍛える」のか・・アホ!としか言いようがありません。

寒い冬、暑い夏、今の小型犬は適応できないんです。「うちの犬は丈夫だ」と自慢する人がいます。自慢させとけばいいんです。うちは違うんです。生きていてくれれば、そこにいてくれれば、それで十分なんです。「今」の状態に満足できない人が不幸、「今」を受け入れられる人が幸せ・・

茶々丸を飼って、人生観変わりましたね。

私は幸せです。茶々丸も多分、幸せだと思います。(聞いてみてないからわからないけど・・)

だから犬に無理をさせません。

 

step
5
飼い主がご機嫌でいる

犬は些細な飼い主の気持ちを汲み取ります。「病は気から」ってほんとです。ですから、いつでも飼い主はご機嫌な状態でいます。

余裕があれば、犬の変化にも気がつけます。これが一番の予防ではないかと、思っています。

 

関節炎になったら

茶々丸は病院で「療法食」を薦められましたが、お断りしました。それは飼い主自身が、そういうものでは治らない、と知っていたからです。もしそれで治るのなら、人の関節炎は激減するはずです。茶々丸も飼い主も、それぞれに必要な栄養、というのが足りなかった。飼い主は長年の薬、サプリメント摂取により、新たに病名をつけられてしまいました。科学的に合成されたものではなく、できるだけ、自然のものから摂取すること。ヒトも犬も同じ、と信じています。

愛犬が関節炎になって手術を薦める病院が多いようで、よく相談を受けるのですが・・

私にはわかりません。

私自身の経験、関節炎⇒半月板損傷⇒手術⇒数十年後遺症⇒再手術考えたとき茶々丸やって来る⇒茶々丸も同じ右足損傷⇒なんだか知らないけど、二人で治っちゃった。

その手術は本当に必要なものかどうか、犬の手術がヒトの手術より優れている、とは、私には思えません。短い犬生の間で、再手術は虐待でしかない、と私は思っています。私自身、自分の再手術は怖ろしくて嫌で嫌で・・・鎮痛剤を使っても全く効かなかったです。あの痛さを経験したら、自分の犬に手術をさせよう、だなんて思えないのです。どんなに「必要」と言われても。ですから茶々丸のときは、。アタマ オカシク ナリソー、でした。たくさんの方に相談しました。支えて頂きました。

どうぞ、たくさんの情報をキャッチして、より良い選択に向かわれるようお祈りしております。

 

にほんブログ村 犬ブログ 狆(ちん)へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ

犬用包帯とサポーター

犬の包帯とサポーター 犬関節炎自宅療養中に買ったもの 3歳間近の春、後ろ右足が関節炎になりました。 病院では「靭帯断裂」「手術」「もう片方もなるかも」・・「他県の大学病院で検査・手術を・・」と言われ、 ...

続きを見る

-病気・怪我, 関節炎
-, , , , ,

© 2024 狆の茶々丸 Powered by AFFINGER5