新着記事

狆と歴史

2023/2/6

【狆と日本開国】日本初欧米に渡った犬|ペリーと狆

目次1 黒船来航2 アメリカと日本幕府 それぞれの土産3 ペリーと狆4 幕府使節団「航海日記」より5 【動画】狆と日本開国 黒船来航 以前、狆を愛した英国アレクサンドラ王妃を動画にしました。王妃の写真や肖像画には、日本の皇室から献上された2匹の狆とは違う狆も見ることが出来ます。その狆たちはどこから来た子でしょう。 狆犬と日本開国 太平洋を初めて横断した日本犬 狆を愛したマシュー・ペリーのお話です. インスタで世界中の狆犬を見ることができます。現在、茶々丸のフォロワーさんは、アメリカ合衆国、カナダ、イギリス ...

ReadMore

狆と歴史

2023/1/30

狆と生類憐れみの令

現代 庶民に飼われている狆 「おしん」 目次1 増上寺節分と狆2 徳川綱吉と生類憐れみの令2.1 中野の犬小屋2.2 生類憐れみの令とは何だったのか2.3 綱吉は犬がそんなに好きでもなかった?2.4 生類憐れみの令 処罰は3 動画 増上寺節分と狆 もうすぐ節分ですね。 東京 芝の増上寺、節分には狆のお練り(パレード)と豆まきがあります。 増上寺には徳川家の墓所があります。狆は徳川家で可愛がられていた犬でした。 狆飼いとして、増上寺節分に参加することは憧れです。今年も随分悩みました。・・が、豪雪地帯の茶々丸 ...

ReadMore

狆と歴史

2023/1/30

狆を愛した王妃【動画】狆とアレクサンドラ王妃

2022年に亡くなった英国エリザベス女王の曾祖母 アレクサンドラ王妃 目次1 アンティーク購入で知った海を渡った狆のこと2 日本の皇室から献上された2匹の狆3 喜びも悲しみも・・4 【動画】狆とアレクサンドラ王妃 アンティーク購入で知った海を渡った狆のこと 購入これは19世紀 フランスのリトグラフです。 石で多色刷りしたもの。 小さな紙箱です。 茶々丸の小さい頃にそっくりで、迷わず購入しました。 ショップオーナー様は、狆を飼っていたそうで、時々狆のアンティークが出品されます。ブログも大変興味深く読ませて頂 ...

ReadMore

病気・怪我 犬との暮らし

2023/1/8

日本犬狆(ちん)の魅力5選【動画】

あけまして おめでとうございます。 ブログを読んでくださり ありがとうございます。 今年も お役に立てるような記事を 書いていきたいと思います。 飼い主もあ 狆の茶々丸 どうぞよろしくお願い致します。 目次1 犬種の特徴を知る2 狆の魅力2.1 1.表情が豊か2.2 2.長い尻尾2.3 3.毛の触感2.4 4.模様の出方2.5 5.サイズ 犬種の特徴を知る あ なたのワンちゃんの犬種は何ですか? 私は今まで、狆、ミックス、ヨークシャテリア、マルチーズ、スピッツと暮らしました。親戚の犬ですが、よく一緒に散歩 ...

ReadMore

病気・怪我 犬手作り食 犬との暮らし

2023/1/9

犬の体調2022年振り返り、漢方薬【動画】クリスマスプレゼント

目次1 2022年の体調2 漢方薬3 365日、母ちゃんのご飯だった4 【動画】クリスマスプレゼント 2022年の体調 7月に首の硬直、10月に首と後ろ足の痛み。 病院での治療・怪我はなし。 咳、逆くしゃみも軽度。減って来ました。お腹の調子もマル。 ありがたいことです(^▽^)/     漢方薬 茶々丸に使用した漢方薬。独自判断で使用しました。 漢方薬を犬に与えて不思議なのは、合わないものや必要がなくなると、顔をそむけることです。不思議でなりません。   補中益気湯 桂枝加朮附湯 防已黄耆湯 五苓散 柴苓 ...

ReadMore

病気・怪我 関節炎

犬用包帯とサポーター

犬の包帯とサポーター

犬関節炎自宅療養中に買ったもの

3歳間近の春、後ろ右足が関節炎になりました。

病院では「靭帯断裂」「手術」「もう片方もなるかも」・・「他県の大学病院で検査・手術を・・」と言われ、もう真っ暗でした。

副作用がない、と言われる注射で動かなくなった茶々丸。どう考えても全身麻酔、手術、治療に耐えられるとは思えませんでした。

泣きたい毎日。私の整骨院の先生にたくさん相談に乗って頂きました。先生のワンちゃんも、脱臼して動物病院へ行ったものの、治療がないことに驚き、ご自分で1カ月間治療してあげたら、再発しなくなったそうです。もし「靭帯断裂」の場合は手術しかないのですが、脱臼、関節炎の場合は治る、と。

先生にしつこく「うちの犬の治療してください!」とお願いしましたが、「怖くてできませんっ!」とガタいのデカい身体で断られました。なんだよっ。。。

その中で先生、何度も仰ったこと

ヒト整骨院先生

固定してください。

サポーターと包帯!

 

はいっ、買いました、犬用サポーターと包帯

何度やっても・・・ダメでした。

サポーターはズルズルと落ちる・・

包帯は毛を剃り上げあげなければくっつかないみたい・・(泣)

やっぱりね・・・病院で固定してもらわないと。

それでも病院へ行かなかったのは、飼い主自身が大病院で手術し、それ以来数十年、後遺症と脱臼で苦しんできたからです。

今は、岩手でも犬に東洋医学で治療する病院が出来ました。あの時は、知らなかったし、開業していなかったかも。インスタ万歳\(^o^)/

2017年10月「行って来ます」というと目に涙溜める

関節炎治ってしばらく気を付けていたこと

膝を曲げないって 犬にとっては、凄く難しいことです。
「安静に」って 通じなかったわ 全然。。。

関節炎治って2,3か月後、再発しないために 気を付けていたこと

① 来客にお願いして 抱っこは遠慮してもらっています。
② できるだけ お座りの姿勢を させません(ご飯の「マテ」も 立った状態から)
③ 散歩は 注意深く 脚を見ています

④ 硬い床に 悪い方の脚を 下にして寝ないようにしています。
⑤ アレルギー(炎症)を起こさないよう 気を付けます。
⑥ 治って来た食事を 続けています。
⑦ 椅子の飛び乗り降り、階段禁止です。

リビングの床: 先代大型犬がヘルニアになって、犬好きの室内装飾店の会長さんが探しまくってくれた床材です。

茶々丸、関節炎は200日で自然治癒。その後再発せず。

私の整骨院の先生のワンちゃん、先生の治療1か月で治癒。その後再発せず。

もし、愛犬の関節炎で検索なさっていらっしゃる方がこれをお読みになってらっしゃいましたら・・・どうぞ希望を持ってください。きっと良くなりますから!

犬の包帯は、ヒトの子どもたちに人気です~「かーわい♡」って言うから手首に巻いてあげてます。(笑)

もうすぐ7歳

再発していません。気をつけて過ごします(^▽^)/

にほんブログ村 犬ブログ 狆(ちん)へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ
にほんブログ村

犬の関節炎。自然治癒した我が家の予防は・・

トン子🐷です。お母さんが雪片付けして、背中ギックリしました。茶々くんは、お母さんがソファに横たわると、ライアン🦁を持って来るようになりました。 お母さんがライ ...

続きを見る

-病気・怪我, 関節炎
-, ,

© 2023 狆の茶々丸 Powered by AFFINGER5