新着記事

狆と歴史

2023/2/6

【狆と日本開国】日本初欧米に渡った犬|ペリーと狆

目次1 黒船来航2 アメリカと日本幕府 それぞれの土産3 ペリーと狆4 幕府使節団「航海日記」より5 【動画】狆と日本開国 黒船来航 以前、狆を愛した英国アレクサンドラ王妃を動画にしました。王妃の写真や肖像画には、日本の皇室から献上された2匹の狆とは違う狆も見ることが出来ます。その狆たちはどこから来た子でしょう。 狆犬と日本開国 太平洋を初めて横断した日本犬 狆を愛したマシュー・ペリーのお話です. インスタで世界中の狆犬を見ることができます。現在、茶々丸のフォロワーさんは、アメリカ合衆国、カナダ、イギリス ...

ReadMore

狆と歴史

2023/1/30

狆と生類憐れみの令

現代 庶民に飼われている狆 「おしん」 目次1 増上寺節分と狆2 徳川綱吉と生類憐れみの令2.1 中野の犬小屋2.2 生類憐れみの令とは何だったのか2.3 綱吉は犬がそんなに好きでもなかった?2.4 生類憐れみの令 処罰は3 動画 増上寺節分と狆 もうすぐ節分ですね。 東京 芝の増上寺、節分には狆のお練り(パレード)と豆まきがあります。 増上寺には徳川家の墓所があります。狆は徳川家で可愛がられていた犬でした。 狆飼いとして、増上寺節分に参加することは憧れです。今年も随分悩みました。・・が、豪雪地帯の茶々丸 ...

ReadMore

狆と歴史

2023/1/30

狆を愛した王妃【動画】狆とアレクサンドラ王妃

2022年に亡くなった英国エリザベス女王の曾祖母 アレクサンドラ王妃 目次1 アンティーク購入で知った海を渡った狆のこと2 日本の皇室から献上された2匹の狆3 喜びも悲しみも・・4 【動画】狆とアレクサンドラ王妃 アンティーク購入で知った海を渡った狆のこと 購入これは19世紀 フランスのリトグラフです。 石で多色刷りしたもの。 小さな紙箱です。 茶々丸の小さい頃にそっくりで、迷わず購入しました。 ショップオーナー様は、狆を飼っていたそうで、時々狆のアンティークが出品されます。ブログも大変興味深く読ませて頂 ...

ReadMore

病気・怪我 犬との暮らし

2023/1/8

日本犬狆(ちん)の魅力5選【動画】

あけまして おめでとうございます。 ブログを読んでくださり ありがとうございます。 今年も お役に立てるような記事を 書いていきたいと思います。 飼い主もあ 狆の茶々丸 どうぞよろしくお願い致します。 目次1 犬種の特徴を知る2 狆の魅力2.1 1.表情が豊か2.2 2.長い尻尾2.3 3.毛の触感2.4 4.模様の出方2.5 5.サイズ 犬種の特徴を知る あ なたのワンちゃんの犬種は何ですか? 私は今まで、狆、ミックス、ヨークシャテリア、マルチーズ、スピッツと暮らしました。親戚の犬ですが、よく一緒に散歩 ...

ReadMore

病気・怪我 犬手作り食 犬との暮らし

2023/1/9

犬の体調2022年振り返り、漢方薬【動画】クリスマスプレゼント

目次1 2022年の体調2 漢方薬3 365日、母ちゃんのご飯だった4 【動画】クリスマスプレゼント 2022年の体調 7月に首の硬直、10月に首と後ろ足の痛み。 病院での治療・怪我はなし。 咳、逆くしゃみも軽度。減って来ました。お腹の調子もマル。 ありがたいことです(^▽^)/     漢方薬 茶々丸に使用した漢方薬。独自判断で使用しました。 漢方薬を犬に与えて不思議なのは、合わないものや必要がなくなると、顔をそむけることです。不思議でなりません。   補中益気湯 桂枝加朮附湯 防已黄耆湯 五苓散 柴苓 ...

ReadMore

病気・怪我 犬のアレルギー 犬手作り食 常備食

激やせ脱出仔犬→トッピングご飯を1カ月

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

狆の茶々丸 Chachamaru(@chachamaru_chin)がシェアした投稿

生後5か月 ごはんを食べさせるのに苦戦

激やせの仔犬が1か月で・・ドッグフード信仰が崩れた日。

2015年11月15日。1歳。完全手作り食1周年の日。   深まる秋  自分の住む街に こんな素敵な公園があることもこの子が 来るまで 知らなかった犬を飼う 喜び  犬がご飯を美味しいと食べる 楽しさ ...

続きを見る

食べることを拒否したような仔犬。

「このままだと ヤバい・・・」獣医さんに言われるまでもなく、ヤバいと思っていました。

とにかく太らせること!」先生は何度も仰いました。

点滴をしてくださらなかったことに、この獣医さんは信頼が出来る、と思いました。

先代犬はアレルギーで、それでも色々な予防薬を試し、仔犬時代にたくさん点滴をしました。

「仔犬時代、点滴で命を繋いだ子は弱い。」

これは、ブリーダーさん、ペットホテルオーナーさんがよく仰っていました。私もそう思います。

茶々丸は、点滴で命を繋ぐことなく、食べ物で元気になって欲しかった。

ドッグフードを売らない動物病院

この病院が信頼できるな、と真っ先に思ったのは、

ポイント

ドッグフードを売らない動物病院

ということです。フードを売ることを、最も収入源にしている病院は、私は好みません。

獣医学科の様子を獣医さんから聞いたことがあります。どこの獣医学科か卒業後、どこの動物病院で研修したか、で先生たちは変わります。プラス、先生ご本人のお人柄とポリシーが自分とマッチするか・・

この病院、ふっくらした元気な動物たちが次々やって来ることに安心感を覚えました。もちろん、重症の子もいるのですが、そういう子たちは時間が別。

病院は危険なところでもある、と私は考えています。感染症の子もいるわけですから。その点も、この病院信頼できる、と思いました。

 

 

使っているドッグフードで

身体が弱いけれど、気持ちは凄く強い子、と言われました。

絶対、生き延びるわね(^▽^)/ 頑張れ!

・・ということで、使っているドッグーフードで、今、一日何グラム食べればよいか計算していただきました。

カリカリでは絶対食べません。口を開けてくれない。ふやかして1粒、2粒、3粒で終わり。泣

先生が一日何回与えればよいか、も計算してくださいました。

一日中、ドッグフードふやかして、無理やり突っ込んで、食べないのは捨てて・・計算し直して・・

 

 

こんな生活、もう無理だ・・と思った

1カ月格闘して、やっと仔犬らしくなったとき。

先生に褒められて嬉しかった~

けど・・これずっと続けんの?・・無理かも・・と頭が過ぎります。

家に帰って、ドッグフードを注文したものの・・(-_-;)

私と茶々丸の距離を縮めた

ご飯を食べさせることにへとへとになった1カ月。

今思えば、それがあって茶々丸の気持ちをわかってあげられるようになったと思います。

ある日のことです。キッチンでチョロチョロしていた茶々丸が、お座りをしてジーっと私をみつめます。

ヒト精進出汁を初めて飲んだ日

ヒト&犬 常備菜 ☆出汁_d0339433_17171746.jpg

飼い主の体調が良くなったのは

飼い主、和食のお料理の先生にお世話になっております。

犬を飼えるまでに体力が戻ったのは、この先生のお陰です。

この先生から教わった精進出汁。干し椎茸と昆布を使います。これに薄口醤油を垂らして飲みますと、身体じゅうに滋養が染み渡ります。

 

茶々丸が飲みたい、って

その精進出汁をとっている間、茶々丸はお座りして見続けていたの。

「ドッグフードは完全栄養食」という洗脳

は、茶々丸を助けてくれた獣医さんと出会って祓われつつありました。

「ヒトの食べるものを犬に与えると、後々大変だから決して与えてはいけない」という獣医師、トレーナー、ブリーダーの言葉をずっと信じていました。

この方たちね、幸せじゃないんですわ。

茶々丸が出会った獣医さんのあの嬉しそうな顔、声を聞いたら、今までは洗脳だったんだ、と気づきました。

 

涙目でコクコクと飲んだ!

何しろ、茶々丸が食べたい、とか飲みたい、などと言ったことはなかったですからね。

初めてでした。

『お寺さんの精進出汁飲みたいのー』前世は寺で飼われていたのか(笑)

 

お皿に少しあげて、冷まして・・

 

コクコクと涙目で飲みました!

『もっとちょーだい』というので、ご飯にかけてあげました。

食べましたよ、ドッグフード。初めての完食!

1カ月 トッピング生活始まる

それからドッグフードにトッピング、を始めます。

先代の病院では「ドッグフードのトッピング禁止」でした。理由は、「栄養バランスが崩れるから」

忠実に守って、病気だらけ、短命でした。

そう指導した獣医、犬プロの方たちご自身がなんともおかしな食生活、ということに気が付き始めます。

どんどん「ドッグフード信仰」から解かれていった飼い主。

犬ごはんのリサーチ始まる

長生きの犬たちが、どんなものを食べ、どんな生活をしているか、リサーチが始まります。

17歳以上のワンちゃん

  1. 寿司屋のシバ犬。魚のアラ汁主体。ドッグフードなし
  2. 仕事でお世話になっている方のミックス犬。人のチャーシューと市販の骨おやつのみ。ドッグフードなし
  3. ネットのダックス。ドッグフードに色々トッピング。ゆで卵、みかん大好き。
  4. 東日本大震災で無事のマルチーズ。おばあちゃんの作るレバー煮とか。お財布首に下げて肉屋さんに通う毎日。(笑)

あら、100%ドッグフードで長生きの子いないじゃん

 

生後6か月、トッピングとリサーチに励みます。

 

7歳の今、「ごはん ごはん ごはん」って毎回大喜び。それが本来ですよね。

お読みくださり、ありがとうございます。

 

 

にほんブログ村 犬ブログ 狆(ちん)へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ
にほんブログ村

-病気・怪我, 犬のアレルギー, 犬手作り食, 常備食

© 2023 狆の茶々丸 Powered by AFFINGER5