新着記事

狆と歴史 犬との暮らし

2023/5/30

【動画】「ちん」という呼び名|日本犬初公認犬種|日本犬種類数と天然記念物犬

@melomelomelonchanメロンちゃんママさんから教わったガーゼお気に入り 狆「ちん」という呼び名 ↓「狆」という漢字については この記事で  ↓  「ちん」という呼び方については諸説あります。   皇帝の犬、ということで、皇帝が自身を指す「朕」(ちん)からきているのではないか、 この説が面白いと思って、取り上げます。       日本犬で初めて世界公認犬種となったのは 黒船ペリーが、狆を欧米に連れ帰ってから、欧米では狆ブームが巻き起こります。 ...

ReadMore

病気・怪我 犬手作り食 季節行事 犬との暮らし 犬おやつ

2023/5/8

2023年4月犬の体調振り返り★9歳誕生日|手作り犬おやつ★ブルーベリー・レアチーズ・ケーキ

こんにちわんこ🐶 茶々丸です。9歳になりました。ブルーベリー🫐レアチーズ🧀ケーキ🎂を作ってもらいました。おいしかったです✨さっきも食べました✌️毎日お誕生日だったらいいのに、と思いました。これからもよろしくね〜🐼 昭和天皇さまと同じ誕生日の茶々さま、『ホールケーキを食べたい💓』というので、冷凍していたお庭のブルーベリー🫐でチーズケーキを作りました。台は大 ...

ReadMore

狆と歴史 犬おやつ

2023/5/5

犬張子・犬筥・疫病退散させた狆ズ「耳嚢」★イースターの手作り犬おやつ:プリン【動画】

茶々丸です。待ちくたびれました。イヌ🐶のプリン🍮は冷やさなくても良いと思います。写真📷もどーでもいい・・ 犬筥(いぬばこ) 三井記念美術館のお雛様展が3年ぶりに開催され、行って参りました。 今年は狆の人形はいらっしゃらず、小さな犬筥(いぬばこ)にお会いしました。   三井記念美術館図録より、大木平蔵氏作品 犬筥は雄雌を一対とし、子どもの枕元に飾られました。 幼児の無病息災を祈る、という意味を持ち、内部に守り札などを納めます。 また、犬が多子、安産であることか ...

ReadMore

病気・怪我 犬手作り食

2023/5/8

2023年3月犬の体調振り返り★桜の古木注意

桜🌸満開です。コロナで頑張ったから 早く春が来てくれたね。茶々丸は桜の幹が苦手。これだけの古木にはお薬たっぷり使っているから。もうすぐ9歳、学習しました。桜街道はカートで楽しみました🌸 体調 狆の牡、8歳11か月 硬直、神経痛 急激な温度差のとき。1回。 咳 1回。20度超したとき。 逆くしゃみ 1回。雨が降る前。   お腹、胃の不調 なし。 関節炎 前に痛めた膝の関節炎はなし。   食べたもの 鶏がら、酢、酒、ショウガ、塩、卵、片栗粉、味噌、醤油、鶏ムネ、人参、ゴボウ、大 ...

ReadMore

病気・怪我 頸椎形成不全症候群

2023/3/29

一晩眠らず|狆族に多い頸椎形成不全症候群

今年は桜の開花が早いようですね。 茶々丸地方は白梅が咲き始めました。   気温差10度以上で一晩眠らず うっかりしていました。 春の陽気。急に暖かくなって嬉しくて、広大な公園へ連れて行きました。『行きたくない・・』と言っていたのを、連れ出したのです。バ飼い主。 おかしかった様子を書き出します。 メモ 気温が上がりだしたときから、グズっていた。なんか食べたい、と。食べたい、のではなく、調子がおかしくて、かまって欲しかったのです。 散歩に行った日は、抱っこをせがみました。 ご飯はもりもり食べました。その後、首 ...

ReadMore

病気・怪我 犬のアレルギー 犬手作り食 常備食

激やせ脱出仔犬→トッピングご飯を1カ月

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

狆の茶々丸 Chachamaru(@chachamaru_chin)がシェアした投稿

生後5か月 ごはんを食べさせるのに苦戦

激やせの仔犬が1か月で・・ドッグフード信仰が崩れた日。

2015年11月15日。1歳。完全手作り食1周年の日。   深まる秋  自分の住む街に こんな素敵な公園があることもこの子が 来るまで 知らなかった犬を飼う 喜び  犬がご飯を美味しいと食べる 楽しさ ...

続きを見る

食べることを拒否したような仔犬。

「このままだと ヤバい・・・」獣医さんに言われるまでもなく、ヤバいと思っていました。

とにかく太らせること!」先生は何度も仰いました。

点滴をしてくださらなかったことに、この獣医さんは信頼が出来る、と思いました。

先代犬はアレルギーで、それでも色々な予防薬を試し、仔犬時代にたくさん点滴をしました。

「仔犬時代、点滴で命を繋いだ子は弱い。」

これは、ブリーダーさん、ペットホテルオーナーさんがよく仰っていました。私もそう思います。

茶々丸は、点滴で命を繋ぐことなく、食べ物で元気になって欲しかった。

ドッグフードを売らない動物病院

この病院が信頼できるな、と真っ先に思ったのは、

ポイント

ドッグフードを売らない動物病院

ということです。フードを売ることを、最も収入源にしている病院は、私は好みません。

獣医学科の様子を獣医さんから聞いたことがあります。どこの獣医学科か卒業後、どこの動物病院で研修したか、で先生たちは変わります。プラス、先生ご本人のお人柄とポリシーが自分とマッチするか・・

この病院、ふっくらした元気な動物たちが次々やって来ることに安心感を覚えました。もちろん、重症の子もいるのですが、そういう子たちは時間が別。

病院は危険なところでもある、と私は考えています。感染症の子もいるわけですから。その点も、この病院信頼できる、と思いました。

 

 

使っているドッグフードで

身体が弱いけれど、気持ちは凄く強い子、と言われました。

絶対、生き延びるわね(^▽^)/ 頑張れ!

・・ということで、使っているドッグーフードで、今、一日何グラム食べればよいか計算していただきました。

カリカリでは絶対食べません。口を開けてくれない。ふやかして1粒、2粒、3粒で終わり。泣

先生が一日何回与えればよいか、も計算してくださいました。

一日中、ドッグフードふやかして、無理やり突っ込んで、食べないのは捨てて・・計算し直して・・

 

 

こんな生活、もう無理だ・・と思った

1カ月格闘して、やっと仔犬らしくなったとき。

先生に褒められて嬉しかった~

けど・・これずっと続けんの?・・無理かも・・と頭が過ぎります。

家に帰って、ドッグフードを注文したものの・・(-_-;)

私と茶々丸の距離を縮めた

ご飯を食べさせることにへとへとになった1カ月。

今思えば、それがあって茶々丸の気持ちをわかってあげられるようになったと思います。

ある日のことです。キッチンでチョロチョロしていた茶々丸が、お座りをしてジーっと私をみつめます。

ヒト精進出汁を初めて飲んだ日

ヒト&犬 常備菜 ☆出汁_d0339433_17171746.jpg

飼い主の体調が良くなったのは

飼い主、和食のお料理の先生にお世話になっております。

犬を飼えるまでに体力が戻ったのは、この先生のお陰です。

この先生から教わった精進出汁。干し椎茸と昆布を使います。これに薄口醤油を垂らして飲みますと、身体じゅうに滋養が染み渡ります。

 

茶々丸が飲みたい、って

その精進出汁をとっている間、茶々丸はお座りして見続けていたの。

「ドッグフードは完全栄養食」という洗脳

は、茶々丸を助けてくれた獣医さんと出会って祓われつつありました。

「ヒトの食べるものを犬に与えると、後々大変だから決して与えてはいけない」という獣医師、トレーナー、ブリーダーの言葉をずっと信じていました。

この方たちね、幸せじゃないんですわ。

茶々丸が出会った獣医さんのあの嬉しそうな顔、声を聞いたら、今までは洗脳だったんだ、と気づきました。

 

涙目でコクコクと飲んだ!

何しろ、茶々丸が食べたい、とか飲みたい、などと言ったことはなかったですからね。

初めてでした。

『お寺さんの精進出汁飲みたいのー』前世は寺で飼われていたのか(笑)

 

お皿に少しあげて、冷まして・・

 

コクコクと涙目で飲みました!

『もっとちょーだい』というので、ご飯にかけてあげました。

食べましたよ、ドッグフード。初めての完食!

1カ月 トッピング生活始まる

それからドッグフードにトッピング、を始めます。

先代の病院では「ドッグフードのトッピング禁止」でした。理由は、「栄養バランスが崩れるから」

忠実に守って、病気だらけ、短命でした。

そう指導した獣医、犬プロの方たちご自身がなんともおかしな食生活、ということに気が付き始めます。

どんどん「ドッグフード信仰」から解かれていった飼い主。

犬ごはんのリサーチ始まる

長生きの犬たちが、どんなものを食べ、どんな生活をしているか、リサーチが始まります。

17歳以上のワンちゃん

  1. 寿司屋のシバ犬。魚のアラ汁主体。ドッグフードなし
  2. 仕事でお世話になっている方のミックス犬。人のチャーシューと市販の骨おやつのみ。ドッグフードなし
  3. ネットのダックス。ドッグフードに色々トッピング。ゆで卵、みかん大好き。
  4. 東日本大震災で無事のマルチーズ。おばあちゃんの作るレバー煮とか。お財布首に下げて肉屋さんに通う毎日。(笑)

あら、100%ドッグフードで長生きの子いないじゃん

 

生後6か月、トッピングとリサーチに励みます。

 

7歳の今、「ごはん ごはん ごはん」って毎回大喜び。それが本来ですよね。

お読みくださり、ありがとうございます。

 

 

にほんブログ村 犬ブログ 狆(ちん)へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ
にほんブログ村

-病気・怪我, 犬のアレルギー, 犬手作り食, 常備食

© 2023 狆の茶々丸 Powered by AFFINGER5